このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東区長奨励賞

台東区長奨励賞とは

台東区では、彫刻や工芸・デザインの分野で学ぶ学生の育成・支援を図るため、平成20年度から東京藝術大学の優秀な卒業・修了作品の制作者に「台東区長奨励賞」を授与しています。


受賞作品は、区民の皆様をはじめ多くの方々にご覧いただけるように、上野中央通り地下歩道展示ブースに受賞後1年間展示しています。ぜひ、お立ち寄りください。
 
※地下歩道展示ブースの場所は、こちらの地図でご確認ください。
 
現在、平成28年度受賞作品6点を展示中です。

平成28年度台東区長奨励賞受賞作品

彫刻科


作品名《Therianthrope》 作者 漆畑勇気
 
【作品に対するコメント】
獣人は時代、国によって神として崇められたが、時には邪教として迫害された歴史がある。そしてそれらの伝承、信仰は各地に広がりまた新たな土地の伝承、信仰と交じり合い様々な形に変容していった。日本に仏教伝来と同じくして海を渡り伝わってきた「蕃神」「幻獣」などもこれらの様々な変容を経てきたものと考えられる。そしてこれは今現在私たちが生きている時代においてもなお変容し続けている。
 
【素材】 
 

彫刻科

 

作品名《里親募集》 作者 日吉智子
 
【作品に対するコメント】
近所にいる猫、おばあちゃんの家の猫、昔飼ってた猫、それぞれの思い出に寄り添える作品が作りたいと思い制作しました。きっかけは自身の子猫の保護、里親活動でした。
雑種の代表的なパターンを全部作りそこに毛色で分かれる性格と性別を当てはめることで鑑賞者がより見たことある猫として近づくことができると考えました。私が今まで送り出した11匹の猫と次々と募集がかけられている新たな猫達。幸せになってほしいと願いも込め制作しました。
 
【素材】 テラコッタ
 

工芸科 


作品名《乾漆蒔絵飾り壺「自律雅量」》 作者 田中舘亜美
 
【作品に対するコメント】
自律は自分をコントロールすること、雅量は自分に寛容であることの意味です。社会の様々な場面で「こういう人が素晴らしい、こうあるべきだ」という暗黙の理想像があるように思います。他人が決めた「こうあれ」に囚われず、自分の決めた「こうしなくては」に迷い込まない。息を吸って止める、そして吐く。自分を律し、許していく二つの姿をテーマに制作しました。
胎は乾漆技法で、螺鈿と蒔絵で加飾しています。
 
【素材】 漆、麻布、木、炭粉、銀、白蝶貝、顔料
 

工芸科 

 
作品名《ときのおと》 作者 山田賀代
 
【作品に対するコメント】
以前から自然物が時と共に朽ちていく様子、風や水に風化されながら形を変えていく姿に惹かれるものがあった。またその様子と自分が今まで制作していく中で見つけてきた磁土という素材や技法の魅力との間に繋がるものを感じた。自然物の場合朽ちて消えてしまう良さがあるが、磁土という素材で表現し窯で焼成するという工程をふむ事でこの魅力をとどめる事が出来る事にも興味を持ち、今回この作品を制作した。
 
【素材】 磁土、木
 

デザイン科 


作品名《kuu》 作者 久保あずさ
 
【作品に対するコメント】
空気を漉きこむように
新潟県長岡市小国町に滞在した際に見たもの、感じたものをスケッチやグラフィックに落とし込み、そのかたちをそのまま「透かし和紙」にしました。雪の上に置くことで自然漂白された和紙の原料(楮)を使用し、一つ一つ手で漉き上げています。古来より人の暮らしに息づいてきた和紙。人の肌や生活に触れる装身具としても展開しました。

制作支援:小国和紙生産組合
 
【素材】 和紙原料(楮、トロロアオイ)
 

デザイン科 


作品名《芸大生が装備描きました。》 作者 新居俊浩
 
【作品に対するコメント】
街で見ず知らずの人たちから「アンケート」をとり、それを元にその人がその人の関係するものを装備している姿を描いた。
「もの」は人間の営みそのもの。それは個性であり、生き方であり、社会であり、文化である。「装備」はそれらと人の関係を強く結びつける意味合いがある。
あなたはどんな装備をしていますか。
 
【サイトURL】 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://t-nii.tumblr.com/(外部サイト)
 
 
【素材】 鉛筆、紙、インク

これまでの受賞作品

平成27年度以前の台東区長賞受賞作品は、台東アートギャラリーのほか台東区ヴァーチャル美術館でいつでもご覧いただけます。
平成28年度の受賞作品は、平成29年4月下旬に掲載予定です。
(台東区ヴァーチャル美術館はこちらから)
※台東区ヴァーチャル美術館は、台東区長奨励賞受賞作品のほか、台東区長賞受賞作品や法隆寺金堂・敦煌莫高窟の壁画模写作品、台東区立書道博物館所蔵作品などをご紹介しているサイトです

外字および機種依存文字の取り扱いについて

ホームページでは、外字および機種依存文字を使用できないことから、常用漢字または平仮名に書き換えて掲載しています。

お問い合わせ

文化振興課連携担当
電話:03−5246−1153
 

本文ここまで

サブナビゲーションここから

台東区長賞・台東区長奨励賞

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る