このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

朝鮮通信使に関する記録について、ユネスコ「世界の記憶」(ユネスコ記憶遺産)への登録をめざしています。

更新:2016年12月21日

ユネスコ「世界の記憶」(ユネスコ記憶遺産)とは

「世界の記憶」とは、世界の重要な記録遺産の保護と振興を目的に、平成4年に開始されたユネスコ(※)の事業です。
対象は、手書き原稿、書籍、新聞、ポスター、図画、地図、音楽、フィルム、写真等です。

2015年10月現在、「人権宣言」(フランス)や「ゲーテの直筆文学作品、日記、手紙等」(ドイツ)など348件が登録されており、日本からは、「舞鶴への生還」や「東寺百合文書」など5件が登録されています。

※ ユネスコ(国際連合教育科学文化機関 UNESCO) 
  教育、科学及び文化などの活動を通じて、世界平和を実現するために作られた国際機関。  

朝鮮通信使とは

朝鮮通信使は、室町時代から江戸時代にかけて朝鮮王朝が日本に派遣した外交使節であり、日韓の平和構築と文化交流の歴史として、貴重な記録が残っています。
「世界の記憶」への登録を目指して、平成28年3月に日韓の団体が共同で申請を行い、平成29年秋に登録の可否が決定される予定です。

台東区との関係

台東区にある東本願寺は、朝鮮通信使が江戸を訪れた際の宿所として利用されました。
台東区は、平成28年2月に「世界の記憶」の日本側の申請団体である「NPO法人 朝鮮通信使 縁地連絡協議会」に加盟しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

世界遺産登録推進担当
電話:03-5246-1193

本文ここまで

サブナビゲーションここから

朝鮮通信使ユネスコ「世界の記憶」登録推進

  • 朝鮮通信使に関する記録について、ユネスコ「世界の記憶」(ユネスコ記憶遺産)への登録をめざしています。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る