このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

第3回 台東区アートアドバイザー会議

更新:2017年10月4日

平成28年度第3回(平成28年11月28日開催)
台東区アートアドバイザー会議 議事概要

議題1.台東区芸術文化支援制度 対象企画の実施状況について

台東区芸術文化支援制度の平成28年度対象企画の実施状況について、事務局より報告を行った。

 開催日 9月22日から25日 全10公演
 会場  旧市田邸

 開催日 11月23日
 会場 シェアアトリエ大塚ビル(橋場1丁目界隈)

 開催日 10月29日、30日
 会場 吉原神社、吉原弁財天、区立花園公園ほか

 開催日 10月18日から11月6日
 会場 HAGISO

発言趣旨

「疎開サロン公演『牡丹燈籠』」

  • 市田邸という空間の使い方がよかった。
  • 3部構成で一日3公演すべて違う内容を4日間連続で行うという試み、とてもよかった。 

「ピエレットの婚礼」

  • 自分たちのアトリエに人を招き入れてという企画は、支援制度を10年間やってきて初めてのこと。実際に普段住んでいるところで文化祭のように活動を見てもらうというのは新たな試みだと思った。
  • 新しい形のアートがそこの街に生まれつつあるのかなと感じた企画だった。

「吉原芸術大サービスvs2016」

  • 地元の方々との連携も強くなり、また、27年度に支援制度で支援したアーティスト(きむらとしろうじんじん)と組んだ企画を実施するなど、支援対象者同士の横のつながりも出来て、区内の色々なアート場面を豊かにしていただき嬉しく思った。

「インナー・ランドスケープス、トゥルク」

  • フィンランドは、非常に芸術的な感性が高い国で、世界的にもアートの地位は高いといえるが、これまでに谷中で大き足跡を残しているとは言えないので、谷中エリアでフィンランドという貴重な第1歩を踏み出してくれて良かったと思う。

議題2.台東区芸術文化支援制度 対象企画の進捗状況について

報告事項

台東区芸術文化支援制度の支援対象企画ごとに打合せを実施。打合せと進捗状況について事務局より報告を行った。

   内容/進捗状況 など

   内容/進捗状況 など

議題3. アートアドバイザーの候補者選定について

第1回・2回アドバイザー会議に続き、アートアドバイザーの増員について、検討・協議をおこなった。
 

発言要旨

  • 単に増員するだけでなく、追加するアドバイザーと現メンバーの役割等をきちんと明確にするべき。
  • まずは、候補者とアドバイザーとの意見交換会のような場を設けるところからスタートした方がいいのでは。その中で、一緒に若手の芸術家等の支援に協力してくれそうな人材を見つけれた方が良いのでは。

お問い合わせ

文化振興課担当(芸術・芸能支援)
電話:03-5246-1328

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る