このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成20年度台東区芸術文化支援制度対象企画について

更新:2010年10月22日

平成20年度台東区芸術文化支援制度対象企画

 平成20年度台東区芸術文化支援制度では、65件の応募をいただき、一次、二次審査会を経て、支援対象企画として下記の4件が決定いたしました。

 企画の実施に向けて、台東区アートアドバイザーがそれぞれ各対象企画の担当となり、サポートをしていきます。各企画の打合せには、企画者、担当アートアドバイザー、区、財団が参加しています。

支援対象企画

「浅草ダンスビデオ」  

 台東区の街を舞台にしたコンテンポラリーダンスのビデオ映像作品を制作し、海外のビデオフェスティバルなど国内外に発信していく。作品は、対戦ゲーム形式で制作され、主人公が浅草のまちを進んでいき、その先々で出会う相手とダンス対戦を行っていくもので、ダンスと浅草のまちの魅力を表現していく作品。

 実施日 平成20年8月から21年3月
 企画者 松本 薫(Odorujou)

 松本 薫さん(Odorujou)のホームページ
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://odorujou.net(外部サイト)

「御存知浅草貴婦人会」

 ダンサーなど若手アーティストによる公演と浅草や酉の市などを紹介する街歩きツアーを実施する。公演では、浅草が娯楽の殿堂といわれていた時代に栄えたダンスを中心に、シャンソン、ボードビルなどのエンターティメントショーが行われる。

 実施日 平成20年7月19日(土曜)、11月29日(土曜)
 企画者 チェリータイフーン

 御存知浅草貴婦人会のホームページ
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://asakusakihujinkai.art.officelive.com/(外部サイト)

「続・続(ゾク・ゾク)」

 築101年の日本家屋「市田邸」を会場に、現代美術の展覧会を開催する。
 新しい物から感じるゾクゾクだけでなく、存続する、続くことにより感じるゾクゾクをコンセプトに、若手アーティスト2名が歴史ある建物から感じるものをインスタレーションで表現する。また伝統文化である落語の寄席、現代では少なくなってしまった活版印刷のワークショップも同時に開催する。

 実施日 平成20年7月19日(土曜)から27日(日曜)
 企画者 続・族(代表 青木 乾高)

 続・族のホームページ
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.zoku-zoku.com(外部サイト)

「ジョン・ダウランド物語 あるリュート弾きの生涯   音楽・詩・影絵による音楽物語」

 リュート演奏と声楽、詩の朗読、また舞台背景に影絵を用いて、イギリスの作曲家でリュート奏者であるジョン・ダウランド(1563から1626)の作品、生涯を紹介するコンサートを実施する。
 古楽器であるリュートを中心にジョン・ダウランドの作品を演奏し、その生涯を朗読、影絵によって辿っていくことで、その当時の社会、文化の様子も描き出す。

 実施日 平成21年3月28日(土曜)、29日(日曜)
 企画者 佐藤 亜紀子

 佐藤 亜紀子さんのホームページ
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.atelierlakko.com/(外部サイト)

お問い合わせ

文化振興課連携担当
電話:03-5246-1153

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る