このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

区が発注する工事請負契約における入札金額の内訳書の提出について

更新:2015年3月31日

概要

 平成26年4月1日に公布された「建設業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第55号)」により、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(平成12年法律第127号)が改正されました。
 この改正により、事業者は公共工事の入札の際に入札金額の内訳を記載した書類(以下「内訳書」という。)を提出することが義務付けられ、平成27年4月1日から施行することとされました。これは、ダンピング受注の防止及び見積能力に欠ける者や見積りをせずに入札に参加する者を排除することを目的としたものです。
 つきましては、平成27年4月1日(法施行日)より工事の入札を対象に内訳書の提出を求めますのでお知らせいたします。

内容

1.対象
  区が発注する工事請負契約の入札案件(単価契約を含む)

2. 内訳書の様式
  区の様式を使用してください。

(1) 電子入札の場合
    東京電子自治体共同運営 電子調達サービスの発注図書等一覧から
   受領してください。
(2) 紙入札の場合
    台東区ホームページに掲示してある「内訳書」をご使用ください。
    ただし、単価契約につきましては、入札案件ごとに交付します。

3.提出方法

(1) 電子入札の場合
     東京電子自治体共同運営 電子調達サービスの添付資料(内訳書等)
    欄に添付してください。(別紙参照)
    (再度入札については、内訳書を添付する必要はありません。)

(2) 紙入札の場合
    入札書及び内訳書を合わせて封筒に入れ、入札箱に入れてください。
    (再度入札については、内訳書を添付する必要はありません。)

4.その他注意点
   内訳書は消費税抜きの金額で作成し、合計金額は入札金額と同額にして
  ください。
   なお、入札の際、内訳書の内容に不備(例えば入札書の提出者の誤記、
  工事件名の誤記、入札金額と内訳書の合計金額の著しい相違等)がある
  場合、入札を無効とします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経理課契約担当
電話:03-5246-1084

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る