このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区議会
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ

台東区トップページへ

検索についてサイト内検索:キーワードを入力してください。
  • Multilingual
  • English
  • Korean
  • Chinese
サイトメニューここまで

本文ここから

請願と陳情

更新:2016年7月4日

請願・陳情は私たちの要望を伝える手段のひとつです

 請願や陳情は、直接請求とは異なりますが、私たち区民が区政に望むこと、実行して欲しいことを区議会に直接訴える制度です。
 請願や陳情は、誰でも出すことができる大事な権利です。

 請願や陳情が提出されますと、その内容により、関係する委員会で慎重に審査されます。その内容が妥当であり、施策に反映されるべきであると判断した場合は採択し、そうでない場合は不採択とします。

 採択された請願や陳情は、区長や教育委員会など関係機関に送り、その実現を要望します。
 なお、請願や陳情を出された代表者には、区議会の審査結果をお知らせします。
 (請願・陳情の審査の流れ)

請願・陳情の提出方法

 台東区議会では、請願・陳情の提出は、※招集告示日の3日前の正午(休日の時はその前日の正午)を期限としています。従って、これ以降に提出された場合は次の定例会で審査することになります。

 なお、請願は紹介議員を必要とし、陳情は紹介議員を必要としないとの違いはありますが、台東区議会では同様に審査しています。

 ただし、議会運営委員会においてふさわしくないと判断した陳情は、審査されない場合があります。

※招集告示とは区長が議会を開くために、議員に一定の日時等への集合を求めたことを一般に知らせるために発表して示す行為をいい、通常は議会開会日の7日前に行われます。

陳情書の書き方

 1.件名は、「○○○についての陳情」と表示します。
 2.趣旨は、具体的に書いてください。
 3.提出者は住所を記載し、署名又は記名押印してください。
   数人で提出する場合は、各人の住所を記載し、
   署名又は記名押印のうえ、代表者を定めてください。
 4.提出する年月日とあて先(台東区議会議長)を書いてください。

陳情書の書き方見本

請願書の書き方

 件名を「請願」にするほか、紹介議員の署名又は記名押印が必要です。

請願書の書き方見本

請願書・陳情書は、議会閉会中でも受付します。

会期中に審査されるためには、会期初日の10日前の正午までに提出が必要です。

詳しくは、下記までお問合せください。

お問い合わせ

議会事務局議事調査係
電話:03-5246-1473

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区議会事務局

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1472・1473
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る