このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

簡易型感震ブレーカーの配布

更新:2017年6月27日

簡易型感震ブレーカーを配布します

1 電気火災防止に効果的な感震ブレーカー

・地震による電気火災について

 地震の揺れに伴う電気機器からの出火や、停電復旧時に発生する火災のことです。
 阪神・淡路大震災や東日本大震災で発生した火災の6割以上が電気に起因する火災とされており、特に停電が復旧した際に起きる「通電火災」により、多くの被害が出ました。

・感震ブレーカーとは

 震度5強相当以上の揺れを感知した場合に、ブレーカーやコンセント等への電気供給を自動的に止める器具で、地震による電気火災防止に効果的です。

2 概  要

 区では、平成28年度より谷中2・3・5丁目の木造密集地域を対象に、感震ブレーカーの設置費用の助成制度を開始しました。今年度は、更なる普及促進を図るため、助成制度に加え、取付けが簡単な「簡易型感震ブレーカー」を同地域に無償で配布します。

3 対象地域及び対象者

谷中2・3・5丁目の住民登録のある世帯のうち、配布を希望される方(賃貸も可)
※「地震時等に著しく危険な密集市街地」に相当する地域

4 配布する製品

「簡易型感震ブレーカー」 (粘着テープで接着、工事の必要がありません)
震度5強以上の揺れを感知した際、ブレーカーのスイッチを自動的に落とし、電気を遮断する器具
※「感震ブレーカー等の性能評価ガイドライン」に規定する感震遮断性能2つ星以上のもの

5 設置にあたって

(1)設置は各自で行っていただきます。自ら取付けが可能で、器具の特性を理解し、
   正しく設置・管理を行っていただける方への配布とさせていただきます。
(2)各世帯につき1回の申請とし、分電盤1基に対し1個の配布となります。
(3)配布は、個人の住宅に限ります。工場や事業所等は申請できません。
(4)分電盤の種類等によって設置が出来ない方は、助成制度の利用をご検討ください。 ※詳しくは、こちら 
(5)器具の取付けにより、家屋に損害が生じても、その賠償には応じられません。
(6)器具の設置後のあらゆる事故等について、台東区は一切の責任を負いかねますので、ご承知おきください。
※ 配布は今年度限りです。今後無償配布する予定はありません。

6 申込み方法

別紙「簡易型感震ブレーカー設置可否判断チェックシート」で、ご自宅の分電盤に設置が可能かどうかご確認のうえ、「配布申請書」に必要事項を記載し、台東区役所10階(1)番窓口 危機・災害対策課へ申請して下さい。(郵送可)

7 申込期限

第1回 平成29年 7月28日(金曜日)まで
第2回 平成29年10月31日(火曜日)まで
第3回 平成30年 2月28日(水曜日)まで

8 配布時期

第1回分を9月より配布予定。第2回目以降は、随時配布いたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機・災害対策課担当
電話:03-5246-1092

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る