このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

油絵修復

更新:2010年10月29日

浅尾丁策
平成7年度指定(同12年認定解除)

絵画の画面や額縁・表具は、ホコリの付着や外部からの衝撃を受けるなどして、年代を経るにしたがい褪色や傷みが生じます。このような傷みを直し、本来の姿に近い状態に戻す仕事が修復作業です。

 日本の伝統的な仏教絵画等の修復は古来より専門の職人がおりましたが、油絵は明治時代に本格的な伝来をみたため、以後、昭和初期まで修復技術専門の職人はほとんど存在しませんでした。浅尾丁策さんは、そうした油絵修復を日本でもっとも早く手がけた人物です。

 浅尾さんは、下谷区二長町(現在の台東2丁目)で油絵筆の製作販売店・拂雲堂ふつうんどうを営む浅尾浪治氏の長男として、明治40年9月27日に誕生。大正14年神田の画材店竹見商店の店員となり、やがて画材全般の知識を身につけ、昭和2年上野桜木の現在地に浅尾拂雲堂を開業しました。この間、油絵の修復にも興味を持ちましたが、当時、修復技術を有する専門家はおりませんから、美術館での油絵鑑賞はもちろん、古美術商で購入した絵画を子細に分析するほか、東京美術学校(東京芸術大学の前身)教授田辺至や画家山下新太郎ら修復に詳しい人物に師事するなど、自ら研鑽を重ねました。

 戦後、浅尾さんは日本での油絵修復の先駆者として活躍され、昭和50年エリザベス女王が来日の際に持参した絵画や宮内庁所蔵の絵画を修復するなど、多くの作品を手がけました。現在、油絵の修復はさまざまな科学機器を使用した調査・研究がなされていますが、浅尾氏の卓越した鑑識眼と修復技術は、美術界でも高い評価を受けていました。

 浅尾丁策さんは、平成12年1月29日お亡くなりになられました。ご冥福をお祈り申し上げます。

油絵の修復をする浅尾さん
油絵の修復をする浅尾さん

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る