このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

江戸刺繍

更新:2012年2月8日

野村國俊
平成3年度指定(同19年認定解除)
江戸刺繍は、糸の染め、り、巻きを1人でこなし、釜糸かまいと(釜で柔らかく煮た絹糸)・金糸・銀糸を用いて、生地の上にすべて手作業でぬいます。数種類の基礎ぬいを組み合わせると、その技法は100種にも及びます。
 刺繍は、江戸をはじめ、京都や加賀などの、近世の城下町に集住する職人の手によって発達していきました。江戸では硬くきっちりした調子が好まれ、糸の縒りが他の地域よりもきつく、立体的なのが特色です。明治・大正時代は、衣服に身分差がなくなったため、高級服志向の庶民が増え、刺繍産業は盛んになりました。しかし、戦後は機械で行う洋装刺繍が普及し、今では手刺繍の注文は減少しています。

 野村國俊氏は、明治40年、上野の松屋刺繍店の長男として生まれ、大正11年に3代目を継ぎました。和装品のほか、神社・仏閣の依頼により、山車の見送り・御簾〈みす〉なども多く手掛けています。特に、野村さんは繍仏しゅうぶつ(仏像を刺繍で表現したもの)を得意とし、作品を仕上げるために、取材旅行に出掛け調査に赴きます。
 野村さんは平成19年6月4日にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る