このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

菊人形の頭作り

更新:2010年10月29日

田口義雄
平成3年度指定(同14年認定解除)

菊人形は、江戸時代末期に巣鴨の植木屋が、 菊細工と、人間そっくりの活人形〈いきにんぎょう〉を組み合わせて、団子坂だんござかに進出して興行したのがはじまりで、このときはすぐ廃れますが、明治初年、再び団子坂で復活し、明治末年までにぎわいをみせ、庶民の娯楽として欠かせないものでした。その後、活躍の場を両国国技館に移し、場面転換にモ−タ−を使う大仕掛けなものになりました。
 菊人形は、人形師・菊師・興行主の三者分担作業で成立します。菊師は胴体の骨組みと菊付けを行い、興行主はプロデューサーとして作業に加わります。人形師は人形の手・足・頭を製作し、その特色は、人間そっくりの造形を持ち、数週間に及ぶ屋外展示に耐え得る頭を作るため、手作業で行う胡粉ごふん(貝がらの粉末)塗りの技術にあります。
 田口義雄氏の祖父、緑三郎ろくさぶろう氏は、明治20年代、当時の名人、大柴徳二郎おおしばとくじろうに同行し、浅草から団子坂と反対側の三崎坂さんさきざか上に移り住み、当時最大の植木屋に、一興行約60体の菊人形を提供していました。なお、田口人形店の屋号・面六めんろくは、家業として作った神楽面かぐらめんの面と緑三郎の緑(六)を縮めたものです。
 田口さんは、明治44年1月27日、谷中で生まれ、大正12年、谷中小学校卒業後、国技館に出品していた父を師にして、兄とともに修業しました。毎年、秋になると、菊人形開催地の福島県二本松にほんまつなどに赴き、活躍していました。

 田口義雄さんは、平成14年4月15日、お亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る