このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

切嵌

更新:2010年10月29日

西山眞直
平成5年度指定(同13年認定解除)

 切嵌きりはめとは、板金いたがねに透し彫りをほどこし、透いた部分に別の色の金属板(色金いろがね)を嵌め込む、金工芸術のひとつで、江戸時代に刀剣の鐔の装飾から始まり、明治時代には一輪挿し・シガレットケース・バックルなどの生活用品が主流となって、海外へも輸出されました。
西山眞直さんは、大正6年8月11日長野県飯田市の生まれ。15歳で上京、根津在住の鍛金家手塚富士雄に弟子入りし、鍛金・彫金の技術、基本的な切嵌の技法を修得しました。とくに、西山さんは切嵌に興味をもち、昭和16年春の現代日本美術工芸展では切嵌の富士図額を出品するなど工夫を重ね、従来以上の精緻な技法へと高められました。終戦後しばらくは、休業を余儀なくされましたが、昭和23年現住所に居を定めるとともに本格的に再開して実用品の製作で生計を立てる一方、富士や竹を題材とした硯屏を展覧会に出品するなど、創作活動にも研鑽を重ねていました。西山さんの作品には華やかさよりも、淡彩の水墨画を見るような重厚な落ち着いた趣きがあります。

西山さんの切嵌には、二つの特徴があります。色の違う金属板を嵌め込んだ際、まったく透き間が生じていないこと。バックルや花瓶等、曲面をなすものの場合、嵌め込んだ数枚の金属板が一枚のものと見紛うほど自然な曲面となっていることです。

これほど、高度な切嵌の技法を体得する人物は数少なく、西山さんは第一人者として高い評価を受けていました。

 西山眞直さんは平成13年12月30日、お亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る