このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

竹編み

更新:2017年4月7日

大澤順一
平成12年度指定(同28年認定解除)

 竹編み製品は、縄文時代から現代にいたるまで、日本列島に住む人々の衣・食・住や生業を支える重要な生活用具でした。平安時代には竹取物語の中で竹取の翁が野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけりと述べており、すでに生活用具の中で竹を素材とするものが多かったことが分かります。江戸時代の文献資料にも籠や箕をはじめとする多種多様な竹製品に関する記述があります。イギリス人チェンバレンが明治時代の日本のありさまを記した日本事物誌には日本の家内経済において竹の果す役割は広範囲にわたるから、竹がやらないことは何か、と質問したほうがよいとあるように日本人の生活用具と竹との間に密接な関係がありました。それは全国各地に自生しており、成長が早いため入手しやすい材料であったこと。加工するにも大掛かりな道具を必要とせず、とくに竹編みの工程にはほとんど道具を使用しないこと。軽量で、耐久性が高い事など、竹の持つ特質が関係しています。

 このように竹製品は生活に密着していたため、用途に応じた竹編みの技法は50種類以上におよび、用途や使いやすさだけでなく、装飾的にも優れた造形美を生み出すことができます。

 大澤順一氏は、昭和20年に竹細工師大澤平助さんの弟子となり、竹編み技術の修得に務めてきました。早くから高い技術、多様な編み型を修めた人物として知られており、その製品も使いやすく、美しいとの定評があります。

 多くの竹製品がプラスチック製品に変貌していく中で、都内に住む竹細工師たちも廃業・転業を余儀なくされてきました。近年では竹の持つ柔らかみや素朴な風合いを好む人々も多く、竹製品の需要も高まりつつありますが、現在竹編みの技術に習熟した職人は、都内全域でもわずか数人、区内では大澤さんただひとりです。

 大澤さんは平成28年7月27日にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る