このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

竹の皮作り

更新:2010年11月2日

金子泰夫
平成3年度指定(同11年認定解除)

 かつて、竹の皮は食品包装の主流を占めていました。その用途は、米飯類・魚・味噌・煮豆・佃煮・寿司・食肉や飴・羊羹などにも及び、日本人の庶民生活には欠くことのできない必需品だったようです。

竹の皮の加工は、江戸末期以後、専門の職人が手掛けてきました。材料は、真竹まだけの皮を用います。作業は、丸まったままの真竹の皮に水を掛けて柔らかくし、広げて平たくするものですが、中でも、水を掛ける作業がもっとも難しいそうです。真竹の皮は産地・品質によって、柔・硬の差があり、これを竹の皮の手ざわりなどから判断した上、さらに作業時の天候・湿度も考慮し、それらに応じて水の量を加減する必要があります。水が少なければ竹の皮は柔らかくならず、多過ぎると乾燥しにくく、シミ・カビの発生をまねくこととなるので、水掛けは長年の経験でつちかわれたカンを必要とする作業です。

金子泰夫さんの家は、曾祖父以来四代、百数十年にわたり、台東区内で竹の皮作りを家業としてきました。泰夫さんは、大正10年の生まれ。16歳頃から、竹の皮作りに従事され、主に浅草一帯の食料品店に卸してきました。金子さんは、竹の皮作りを体現できる全国でも数少ない職人さんの一人であり、台東区民の日常生活にも関わり深い人物です。

 

 金子泰夫さんは、平成11年2月2日お亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

金子泰夫さん
金子泰夫さん

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る