このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

河鍋暁斎墓

更新:2010年11月5日

正行院
平成5年度登載

 河鍋暁斎は、幕末から明治時代前半にかけて活躍し、当時一世を風靡ふうびした画家です。
 天保2年(1831)、下総国古河しもうさのくにこが(現・茨城県古河市)で生まれました。はじめ浮世絵の歌川国芳うたがわくによしの門下に入り、のち狩野派に入門し、嘉永2年(1849)修業を終え、洞郁陳之とういくのりゆきと号しました。安政5年(1858)頃には皮肉や風刺、滑稽味を持つ狂画きょうがを描きはじめ、狂斎きょうさいとも名乗るようになりました。しかし、明治3年不忍池の料亭で描いた絵が原因で逮捕され、このときより狂を暁に変え、号を暁斎きょうさいと改めました。
 晩年は、根岸(現・荒川区東日暮里)に住み、区内の寺院や料亭に数点作品が残っており、郷土の画家としても大いに評価すべき人物です。明治22年に没し、瑞輪寺塔中正行院に葬られました。
 本墓は、自然石を重ねており、一番上の石は蛙をかたどったもので、蛙を殊のほか愛した暁斎らしい墓石といえます。

河鍋暁斎墓
河鍋暁斎墓

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る