このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

大沼枕山墓

更新:2017年2月16日

瑞輪寺
平成4年度登載

大沼枕山は、幕末・明治時代前期に活躍し、江戸時代最後の漢詩人といわれ、日本漢詩史上重要な人物です。文政元年(1818)、下谷三枚橋付近(現在の地下鉄仲御徒町駅付近)に生まれました。
 父が死んだとき、枕山はわずか10歳であったため、尾張(今の愛知県)に一時身を寄せますが、天保6年(1835)江戸に戻り、当時の江戸漢詩の大家梁川星巌やながわせいがんに出会い、その才能が開花します。弘化2年(1845)星巌が江戸を離れたあと江戸詩壇を背負ったのは、ほかならぬ枕山が下谷三枚橋に開いた下谷吟社したやぎんしゃであり、明治維新後も、なお下谷吟社は当時の詩壇の中心的な存在でした。
 枕山は明治24年10月、74歳で没しました。代表作は枕山詩鈔ちんざんししょう。瑞輪寺が墓所に選ばれたのは、晩年に枕山が住んだ下谷花園町(現・池之端)に近かったからといわれています。墓石は安山岩で高さ145センチメートル、表面に枕山大沼先生之墓と大書され、枕山の門人の手で建てられました。台東区で生まれ、住み、区内の不忍池の蓮や隅田川の月など江戸の四季折々の風物を詠み続けた枕山の墓は、台東区の歴史を知る上で貴重な文化財です。

大沼枕山墓
大沼枕山墓

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る