このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

絹本着色朝顔・蜻蛉図

更新:2010年11月3日

真源寺
平成11年度登載

縦93センチメートル、横33センチメートルの大きさの画面に、二世歌麿が朝顔を、窪俊満ぼしゅんまん蜻蛉とんぼ朗卿ろうきょう(経歴等詳細は不明)が秋草をそれぞれ淡彩で描いた掛幅装の作品です。また、特徴的なのは、図のほかに複数の人物が俳諧・狂歌の賛を寄せている点です。その名前を列挙すると、酒月米人さかづきのこめんど大田南畝おおたなんぽ麦藁笛成むぎわらのふえなり、窪俊満、鹿都部真顔しかつべのまがお石川雅望いしかわまさもち三陀羅法師さんだらほうし浅草市人あさくさのいちんど山東京伝さんとうきょうでん曲亭馬琴きょくていばきんと、文化・文政期の有名文人が勢ぞろいといった感があります。このように絵画と文章や俳諧、狂歌などで構成される形式の書画を寄合書よりあいがきといいます。本作品の場合、おそらく狂歌の宣伝などの配り物として作られたのでしょう。というのは、本図と同じ図柄にほぼ同じメンバー(一人入れ替わるのみ)、同じ狂歌・俳諧(窪俊満のくれなゐ(紅)のいと(糸)の遊ふとみ(見)ゆるにそ日和定まる秋のかけろふ(蜻蛉)、三陀羅法師のせんたく(洗濯)の雫もかけぬ袖垣に白と浅黄をしほる朝皃あさがお、山東京伝の朝かほ(顔)や嵐の庭のやふ(破)れ傘)を含む作品・朝顔図が奈良県立美術館に所蔵されているからです。寄せ書きは、普通書画会などの席上で即興に描かれたものに多いのですが、本作品に関しては、画中狂歌に、既に狂歌集に発表してあるものが何点かあり、即興の妙を楽しむ書画会などの席画ではあり得ません。

 本図に六樹園(ろくじゅえん)と画賛を寄せる石川雅望は、以前は宿屋飯盛(やどやのめしもり)と名乗る狂歌師でしたが、寛政の改革の影響で江戸にいられなくなり、しばらく活動をストップしていました。それが許されて江戸に戻り、活動を再開した時期が六樹園と名乗り始める文化5年(1808)以降のことなので、本図の制作時期も当然これ以降となります。また、いつまでに作られたのかと考えれば、作者のひとり、三陀羅法師の没した、文化11年8月8日までとなります。なお、初代喜多川歌麿は文化3年に亡くなっているので、本図の歌麿とは二世歌麿を指します。

 本図の制作時期、文化5年から11年という時期は、狂歌界の大御所であった大田南畝が狂歌界から遠ざかり、鹿都部真顔と石川雅望がその後の狂歌界を二分し、徐々に対立を見せていた時期に当たります。この2人は自派の構成員獲得に向け、新しい試みをしており、本図もそういった宣伝活動を含めた試みの一つと考えられます。

絹本着色朝顔・蜻蛉図
絹本着色朝顔・蜻蛉図

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る