このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

絹本着色仏頂尊勝曼荼羅

更新:2010年11月3日

養寿院
平成2年度指定

 仏頂尊勝曼荼羅とは、金剛界大日如来を中心に釈迦の徳を図化した八つの仏頂を描き、下部右に降三世明王、左に不動明王を配した曼荼羅です。仏頂は、上部中央より右廻りで、尊勝・広生・最勝・無辺声・放光・発生・勝仏頂と呼び、中でも尊勝が最も勝れているため、仏頂尊勝曼荼羅といいます。

本図は、縦122センチメートル、横60センチメートル。比叡山延暦寺の僧願海が、孝明天皇の皇子祐宮(後の明治天皇)の無事成育を祈るため、嘉永7年(1854)に京都の絵師岡田為恭(1823〜1864)に描かせたものです。

為恭は、冷泉為恭の名でも著名な人物。文政6年(1823)絵師狩野永泰の三男に生まれ、一時は冷泉姓を自称しましたが、後に貴族の岡田家の養子となりました。平安時代に隆盛した大和絵の復興を志し、大和絵の技法を用いて独自の創作を行った人物で、彼のような絵師を復古大和絵師といいます。

本図の右下部と軸の左下部に為恭の署名があります。また、軸下部には為恭と親しかった公家東坊城聡長の識語があり、本図が制作された由来を記しています。本図は、為恭が31才の時の作品。為恭の代表作のひとつで、大和絵の技法の中に為恭独自の画風を盛り込んだ、秀逸な作品です。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る