このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

日本図大鏡

更新:2011年1月18日

東照宮
平成22年3月登載
 北海道の名付け親である松浦武四郎まつうらたけしろう(1818〜1888)は、明治3年(1870)新政府の方針に同調できず、開拓使を辞職しました。その後は全国各地をめぐり歩きながら、奇石や古銭、勾玉まがたまなど、古物の収集に熱中します。同6年からは、神田五軒町に住居しました(現在の千代田区外神田6丁目)。
 武四郎は同8年から15年にかけて、5面の大鏡を、北野天満宮、上野東照宮、大阪天満宮、金峯山寺きんぷせんじ太宰府だざいふ天満宮に奉納しています。いずれも京都の鏡師、金森弥輔かなもりやすけが制作しました。それぞれ奉納に際しては、富岡鉄斎とみおかてっさい(1836〜1924)のほか、多数の人間が幹事を務めています。
 本大鏡は明治8年(1875)に制作され、同年10月21日、盛大な行列が組まれ、東照宮に奉納されました。面径95センチ、縁高3.5センチ。背面の日本図は北海道を含み、銘文の歌は、東照大権現(徳川家康)の威光が日本全土に及ぶことを寿ことほぐものです。
  東照る神の御威稜みいづは北の海
           南の小嶋西の国はて
 東照宮は明治6年東京府社となり、一般の参詣を許しましたが、当社の維持は容易ではありませんでした。そのため多くの人々から様々な寄付がありましたが、本大鏡もその一つです。

日本図大鏡
日本図大鏡

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る