このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

銅造阿弥陀如来坐像(九品寺)

更新:2010年11月4日

九品寺
平成4年度登載

 九品寺くほんじ境内の銅造阿弥陀如来坐像は、明暦3年(1657)の大火で焼死した人々を弔うために造られたと伝えています。像高180センチメートル、蓮華座高45センチメートル、石造の基礎の高さを合わせると総高387センチメートルの大きな仏像で、古くから九品寺大仏の名で親しまれてきました。
蓮華座の銘文によると、九品寺第2代住職天誉吟徹の発願で万治3年(1660)に完成しました。また、造立のための浄財を奉納した江戸庶民の名も刻まれています。作者は、鋳物師の長谷川益継。遺品としては、ほかに寛文2年(1662)銘の梵鐘(千葉県)、同9年銘の観音菩薩立像(板橋区)が確認されています。

本像は制作が優秀である上、銘文によって制作年代、作者、当時の庶民信仰の様子などを知ることができる貴重な遺品です。

銅造阿弥陀如来坐像
銅造阿弥陀如来坐像

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る