このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

銅造菩薩立像

更新:2010年11月4日

保元寺
平成8年度登載

 この仏像は、総高45.1センチメートル。台座に銘文が刻まれていて、それにより朝鮮半島にあった高麗という国で、969年か、あるいは1029年に造られたものであることがわかります。
 高麗国は、918年から1392年まで存在した朝鮮半島の王朝国家です。
仏教を大いに奨励したため、典籍や仏像等、さまざまなジャンルの仏教文化が盛んとなり、この仏像もそうした高麗仏教文化の遺物のひとつです。
 さて、この像は何を表したものなのでしょうか。頭に載せた冠のほか、各所に飾りを付け、右手で蓮華を持つ姿は観音菩薩に似ていますが、銘文には海月光大明菩薩という、あまり聞き慣れない名が刻んであります。この海月光大明菩薩は、大方広仏華厳経という経典に登場する菩薩ですので、この仏像は大方広仏華厳経をもとに制作されたもののようです。しかし、観音菩薩や地蔵菩薩のように明瞭な個性をもつのではなく、多くの菩薩の中のひとつという存在だったようで、文化財としての名称は単に菩薩立像といたしました。
 ところで、大方広仏華厳経は略して華厳経といい、中国・朝鮮半島はもちろん、日本にも伝来しました。たとえば奈良の東大寺は、この経典を重んじる華厳宗という宗派に属し、有名な大仏もこの経典にもとづいて造像されたもので、その意味では東大寺大仏と本像は遠い親戚のような関係といえるかもしれません。
 本像は高麗仏としての美しさとともに、華厳経にもとづく仏像としても貴重な遺品です。

銅造菩薩立像
銅造菩薩立像

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る