このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

浅草浅間神社本殿并びに諸料 付、境内地

更新:2010年11月5日

浅間神社
平成10年度指定

浅間神社は富士山信仰にもとづく神社で、江戸時代は、富士講信者の活動拠点となりました。
 浅草の浅間神社は、江戸初期の寛文11年(1671)までに当地に勧請されており、現在に至るまで、浅草や蔵前付近の人々の信仰をあつめてきました。
 浅間神社には、192点に及ぶ資料群が現存し、建築物・礼拝対象物・祭祀用具等に分類できます。建築物のうち、本殿は土蔵造りで、明治11年の造営です(平成9・10年の改修工事で外観のみ新たに漆喰塗をほどこしています)。土蔵造りの神社は、江戸から明治時代には江戸・東京の各地にあったようですが、現在ではほとんど見ることができません。
 礼拝対象物では、江戸初期制作の木花咲耶姫命坐像このはなさくやひめのみことざぞう、慶応3年(1867)銘の銅造猿倚像どうぞうさるいぞう、江戸末期と思われる五行御身抜ごぎょうおみぬき(富士講の本尊)など、江戸時代のものが現存しています。さらに、祭祀用具では、富士山頂の様子を描いた安政5年(1858)銘・富士山絶頂図、明治時代奉納の鏡・鏡台や、富士講の幟旗であるマネキ等があります。
 また、境内地は盛土となっていますが、江戸初期までの浅間神社は、こうした盛土上に勧請する場合が多かったようで、江戸初期以前に勧請された浅間神社の景観をよく伝えています。
 区内に現存する富士信仰・富士講に関する資料は希少で、浅間神社資料群はとても貴重です。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る