このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

橋場地域の生活資料(東城家資料)

更新:2010年11月5日

東城康之
平成15年度登載

 東城家は屋号を坂倉屋といい、少なくとも18世紀半ば頃から橋場地域で暮らしてきた旧家です。石浜神社(荒川区南千住)には、寛延2年(1749)に地域住民62名が奉納した鳥居が現存しますが、その中に東城治左衛門・平八・門三郎の名がみえます。

伝承によれば、東城家はかつて蔵前の札差ふださし坂倉屋の番頭をしており、札差の株を購入、のち舂米屋つきごめやに転業しました。嘉永年間(1848〜54)成立の諸問屋名前帳(国立国会図書館所蔵)の舂米屋三番組の中に、浅草橋場町 家持 坂倉屋紋三郎(印)との記載がみえます。長く橋場町で米屋を営んできましたが、昭和13年10月に桐履物業に転業しました(のち廃業)。

坂倉屋にとって隅田川水運はきわめて重要で、近くには専用の荷揚場、紋三河岸もんざがしがありました。本業である米屋の業務で橋場と蔵前や川越を往復するほか、精米作業でとれる糠を肥料として川越で販売して、川越では芋を仕入れて戻り、橋場で販売していたといいます。

台東区域において、江戸時代以来の旧家の生活資料が伝来することは稀ですが、東城家には、震災や戦災を免れた資料が多数伝来します(非公開)。写真のような、嘉永5年(1852)の舂米屋の鑑札、江戸城出入りの時に荷に付けたと伝えられるのぼりなど、生業に関する資料のほか、地域活動関係、衣食住関係、年中行事関係、信仰関係など、多様な生活資料があり、貴重な民俗文化財となっています。733件が台東区有形民俗文化財となりました。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る