このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

大太刀(陰陽丸)

更新:2011年1月18日

熱田神社
平成22年3月登載
 本大太刀「陰陽丸」は弘化4年(1847)、刀工川井久幸かわいひさゆき(1786〜1868)が制作し、熱田神社に奉納したものです。以来、当社の宝刀として伝来してきました。刀身長280センチ、なかご88.5センチ。全長368.5センチの大太刀です。
 川井久幸は幕臣川井久尊の長男で、江戸小石川に住居しました。剣術・槍術に長じており、30代半ばから作刀に励み、刀工として活躍した人物です。
 熱田神社は浅草新鳥越しんとりごえ町(後の浅草吉野町)の鎮守であり、安政5年(1858)コレラ流行の時には、臨時の疫病除えきびょうよけ行事を行いました。疫病をはらうため、本大太刀が町内を巡行したのです。当時江戸の町々では、鎮守の神輿みこし獅子頭ししがしらが町内を巡行するなど、それぞれに疫病除行事を行っていました。当地では、鎮守の宝刀「陰陽丸」が疫病除けに最もふさわしいと考えられたのでしょう。
 のち明治22年(1889)の憲法発布式祝祭においても、大太刀は山車だしに仕立てられており、鎮守熱田神社の宝刀として、当地を象徴するものでした。

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る