このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

食品ロス削減講座「講義・見学編」を開催しました!

更新:2018年9月27日

「食品ロス」とは、まだ食べられるのにすてられてしまう食品のことです。
(食品ロスについて詳しく知りたい方はこちらへ)
台東区では、食品ロス削減に対する取組みとして、食品ロス削減講座を実施しています。
平成30年9月26日に開催した食品ロス削減講座「講義・見学編」の様子を紹介します。

「講義編」食品ロスの現状を知ろう!

講師:一般社団法人フードサルベージ 代表理事 平井 巧 氏
会場:台東区役所10階会議室

前半では、食品ロスの現状や削減のための取り組みなどを、クイズなども交えて
楽しく学びました。
後半では、グループに分かれて、カードを使って実際に食材を無駄にしないための
メニュー作りをし、日々の生活で食品ロスを出さない工夫を考えました。

「見学編」 生ごみのリサイクルを見てみよう!

食品ロス削減の努力は大切ですが、それでも出てしまった生ごみはどうなるのでしょうか。
「見学編」では、生ごみのリサイクル施設と、ごみの埋め立て処分場の見学を行いました。
 

バイオエナジー株式会社
日本で初めて、生ごみを電気と都市ガスにリサイクルし、温暖化ガスの削減効果に優れた事業を行っています。
食品廃棄物のリサイクルの現状についての講義や、実際の工場の様子も見学しました。

中央防波堤埋立処分場
東京23区から出される粗大ごみ、不燃ごみの粉砕等を行う処理施設と、
中央防波堤埋立処分場の見学を行いました。

参加者の皆さんの声

【講義編】
・料理の当たり前にとらわれることなく、多様な発想で作る視点は必要だと感じた。
・食材のカードゲームは、冷蔵庫の中の残った食材を無駄なく消費するためのイメージトレーニングになり、
 実践するきっかけになると思う。
【見学編】
・食品ロスがメタン発酵方式で、電機やガス等エネルギーに変わるとのことで、とても感動した。
・生ごみをすごくうまく利用しているのがすばらしいと思った。
・ごみの分別をして、処分場がより長く埋め立てられるよう、努力していきたいと思う。
・残された処分場の小ささに驚いた。

お問い合わせ

清掃リサイクル課
電話:03-5246-1018

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る