このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

風しんにご注意ください。

更新:2013年12月12日

風しんにご注意ください

平成24年から25年にかけて、日本全国で風しんが例年以上に流行しました。

 妊娠早期に風しんにかかると、先天性風しん症候(※)群と呼ばれる、心臓病、白内障、聴力障害などの障害をもったお子さんが生まれる可能性が高くなります。

 

風しんとは??

風しんは、風しんウイルスの飛沫感染と接触感染によって起こります。
潜伏期間は2〜3週間で発疹出現の7日前から出現後5日間に人にうつす可能性があります。学校保健安全法では、発疹が消失するまで、出席停止としています。発疹が消失するまでは、不要な外出を避け、出勤も自粛するように、努めてください。

学童〜思春期に多いと言われていますが、最近では成人の発生も多く、職場内での集団感染事例も起こっています。

症状、予後は?

軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。
そのほか眼球結膜の充血もみられます。発疹も発熱も約3日間で治るので、「三日ばしか」とも言われます。

基本的には予後は良好ですが、関節炎や血小板減少性紫斑病、急性脳炎などの合併症を起こすことがあります。
一度感染し治癒すると、大部分の人は終生免疫を獲得します。大人が罹患すると、その症状は小児に比べ一般に重いといわれています。

※先天性風しん症候群とは

 先天性風しん症候群(CRS)とは、風しんの抗体(免疫)のない女性が妊娠初期に感染し、風しんウイルスが胎児に感染することにより、出生児に主に心臓病、白内障、聴力障害などの障害を起こす総称です。
 先に挙げた以外にも、網膜症、肝脾種、血小板減少、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞、小眼球などをきたすことがあります。

  • 治療方法

 先天性風しん症候群(CRS)自体に治療法はありません。心疾患は軽度であれば自然に治ることもありますが、手術が必要になる場合もあります。白内障については手術可能になった時点で、濁り部分を摘出して視力の回復を目指します。難聴については人工内耳が開発され、乳幼児にも応用されつつあります。

風しんの予防接種を受けましょう!

風しんは特効薬がないため、予防接種が大切です。
ワクチン接種を行いましょう。
幼児は就学前までに2回の麻しん風しんワクチンの定期接種があります。

これから妊娠の可能性がある方やそのご家族等、風しんにかかったことがなく、予防接種を受けていない場合はワクチン接種が望まれます。
予防接種後は胎児の感染を防止するため女性は最低、2〜3ヵ月間の避妊が必要です。

予防接種法等で定められた、対象年齢については下記をご覧下さい。

お問い合わせ

台東保健所 保健予防課感染症対策担当
電話:03-3847-9476

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る