このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東区内で伝染性紅斑(リンゴ病)が流行しています

更新:2018年11月26日

現在の流行状況

 伝染性紅斑は年によって流行に差がみられる疾患ですが、今年は過去5年平均を上回る状況が続いています。
 11月12日から11月18日(第46週)の1週間に報告された患者報告数は、台東区では定点あたり2.50と通常より高い状況が続いています。


台東区における患者報告数の推移

伝染性紅斑(リンゴ病)とは

ヒトパルボウイルスB19を原因とする感染症です。小学校入学前後のお子さんがかかる場合が多いですが、成人の発症もあります。

症状は?

両頬に紅い発疹、体や手・足に網目状の発疹がみられ、1週間程度で消失します。発疹が淡く、他の疾患との区別が難しい場合もあります。発疹が出現する7〜10日前に微熱や風邪のような症状がみられることが多く、この時期にウイルスの排出が最も多くなります。

治療

特別な治療法はなく、症状の応じた治療(対症療法)を行います。

感染経路

 患者さんの咳やくしゃみなどのしぶきに触れることによって感染(飛沫・接触感染)します。

予防のポイント

(1)手洗い(2)うがい(3)咳エチケットを心がけましょう。
予防接種はありません。

≪咳エチケットとは≫
(1)咳が出るときはマスクをつける
(2)咳やくしゃみの際にはティッシュなどで口や鼻を押さえる
(3)咳やくしゃみがほかの人に直接かからないようにする

●妊娠中・妊娠の可能性のある方へ
妊娠中(特に妊娠初期)に感染した場合、まれに退治の異常や流産が生じることがあります。周囲で患者発生がみれる場合、妊娠中あるいは妊娠の可能性がある女性は、できるだけ患者との接触を避けるよう注意してください。

お問い合わせ

台東保健所 保健予防課感染症対策担当
電話:03-3847-9476

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る