このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種について

更新:2017年4月1日

高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種について

平成26年10月1日より、高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種が始まりました。

肺炎球菌とは?

肺炎球菌は肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などを起こす細菌の一つです。特に、高齢者の肺炎の約半数は、肺炎球菌が原因とされています。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって、重症化防止などの効果が期待されます。

対象者

下記の(1)(2)のいずれかに該当する方
(1)平成29年度(平成29年4月1日〜平成30年3月31日)に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
 
65歳:昭和27年4月2日〜昭和28年4月1日生
70歳:昭和22年4月2日〜昭和23年4月1日生
75歳:昭和17年4月2日〜昭和18年4月1日生
80歳:昭和12年4月2日〜昭和13年4月1日生
85歳:昭和 7年4月2日〜昭和 8年4月1日生
90歳:昭和 2年4月2日〜昭和 3年4月1日生
95歳:大正11年4月2日〜大正12年4月1日生
100歳:大正6年4月2日〜大正7年4月1日生
 
※平成26年度から平成30年度までの間は、経過措置として各年度に上記の年齢となる方を対象に、高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種を実施する予定です。

(2)接種日現在60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(障害者手帳1級)
 
※これまでに高齢者用肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方は、定期予防接種の対象外となります。

接種ワクチン

23価肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)

接種回数

1回

接種期間

平成29年4月1日〜平成30年3月31日

接種場所

23区内の協力医療機関
※医療機関によっては、予約が必要な場合があります。詳しくは医療機関へお尋ねください。

自己負担額

4,000円

ただし、生活保護の方、世帯全員が非課税の方(非課税世帯)の方は無料です。

予防接種予診票の発行について

  • 対象者には平成29年3月末に予防接種予診票を送付しました。
  • 対象者(2)の条件に該当し、接種を希望する方は、保健予防課に申し込みが必要です。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

台東保健所 保健予防課予防担当
電話:03-3847-9471

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る