このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

人権トピックス

更新:2013年7月1日

人権トピックス

人権教育・人権啓発推進法施行

 国と地方自治体に人権教育の推進を義務づける「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」が施行された。平成12年12月6日

改正DV防止法公布

 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)は、配偶者や親しい間柄にある異性から向けられる暴力(DV)の防止や被害者の保護を目指して制定された。今回の改正は平成19年の改正(保護命令の対象範囲の拡大等)に次ぐもので、適用範囲の拡大が行われた(生活の本拠を共にする交際をする関係にある相手からの暴力及びその被害者についても法を準用する)。平成25年7月3日公布。平成26年1月3日施行

性同一性障害者の性別取扱い特例法施行

 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が成立。心の性と体の性の不一致に苦しむ人の、戸籍の性別記載変更に道を開く。平成15年7月16日

男女共同参画週間 6月23日から29日

 男女が互いにその人権を尊重しつつ喜びも責任も分かち合い、性別に関わりなく、その個性と能力を充分に発揮することができる男女共同参画社会の形成に向け、男女共同参画社会基本法の目的及び基本理念に関する国民の理解を深めるために設けられた。

人権週間 12月4日から12月10日

 昭和23年、国連総会において、基本的人権及び自由を遵守し確保するために、「世界人権宣言」が採択され、採択日の12月10日を「人権デー」と定めました。日本では、この「人権デー」を最終日とする一週間を「人権週間」と定め、世界人権宣言の意義を訴えるとともに人権尊重思想の普及高揚に努めています。

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

 区では、区民の皆様とともに、これまで同和問題の解決をめざし長年にわたり様々な取組みを進めてきました。しかしながら、今もなお許しがたい差別事件が起こっています。
 さらに、全国的にみても、情報化の進展に伴って、インターネット上に同和地区と称して地名を書き込むなどの行為が発生しています。
 このような中、「部落差別の解消の推進に関する法律」が平成28年12月9日に成立し、同月16日に施行されました。
 この法律は、部落差別は許されないものであるとの認識のもとに、部落差別の解消の必要性について国民の理解を深めるよう努めることにより、部落差別のない社会を実現することを目指したものです。
 また、解消のための施策として、国及び地方公共団体は、相談体制の充実や教育啓発の推進に努めることを規定しています。
 区では法律の趣旨をふまえ、同和問題の解決に向けて、国や他自治体と連携しながら引き続き取り組んでまいります。
 私たち一人ひとりが同和問題を正しく理解し、差別や偏見のない豊かで明るい社会を築きましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

人権・男女共同参画課
電話:03-5246-1116  ファクス:03-5246-1139
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る