このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「被相続人居住用家屋等確認書」の受付・交付 (空き家等に係る譲渡所得の特別控除)

更新:2017年4月1日

制度の概要

 相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日まで、かつ、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除されます。


 特例の適用を受けるには、所得税の確定申告書とともに所定の書類を納税地を管轄する税務署に提出する必要があります。
詳しい制度概要については国土交通省のHPをご確認ください。

被相続人居住用家屋等確認書について

 台東区では、区内に空き家等を所有し、3,000万円特別控除の特例措置の適用を受けようとされる方に対して、確定申告の際に提出する書類の1つである被相続人居住用家屋等確認書を交付します。
 なお、台東区に居住されている方でも、台東区外に当該家屋等がある場合は、その当該家屋等が存する自治体に申請することになりますので、ご注意ください。

必要書類

(1)家屋又は家屋及び敷地等を譲渡する場合

 ●申請書

 ●添付書類
  A:被相続人の除票住民票の写し(原本)
  B:申請被相続人居住用家屋の譲渡時の相続人の住民票の写し(原本)
  C:申請被相続人居住用家屋又はその敷地等の売買契約書の写し等
  D:以下の書類のいずれか
   (イ)電気若しくはガスの閉栓証明書又は水道の使用廃止届出書(原本)
   (ロ)申請被相続人居住用家屋の相続人と当該家屋の媒介契約を締結した宅地建物取引業者が、
     当該家屋の現況が空き家であることを表示して広告していることを証する書面の写し
     (宅地建物取引業者による広告が行われたものに限る。)

(2)家屋の取壊し、除却又は滅失後の敷地等を譲渡する場合

 ●申請書

 ●添付書類
  A:被相続人の除票住民票の写し(原本)
  B:申請被相続人居住用家屋の取壊し、除却又は滅失時の相続人の住民票の写し(原本)
  C:申請被相続人居住用家屋の取壊し、除却又は滅失後の敷地等の売買契約書の写し等
  D:申請被相続人居住用家屋の除却工事に係る請負契約書の写し
  E:以下の書類のいずれか
   (イ)電気若しくはガスの閉栓証明書又は水道の使用廃止届出書(原本)
   (ロ)申請被相続人居住用家屋の相続人と当該家屋の媒介契約を締結した宅地建物取引業者が、
     当該家屋の現況が空き家であり、かつ、当該空き家は除却又は取壊しの予定があることを
     表示して広告していることを証する書面の写し(宅地建物取引業者による広告が行われたもの
     に限る。)
  F:申請被相続人居住用家屋の取壊し、除却又は滅失の時から当該取壊し、除却又は滅失後の敷地等
   の譲渡の時までの被相続人居住用家屋の敷地等の使用状況が分かる写真
  G:申請被相続人居住用家屋の取壊し、除却又は滅失の時から当該取壊し、除却又は滅失後の敷地等
   の譲渡の時までの間の、当該敷地等における相続人の固定資産課税台帳の写し(原本)又は
   固定資産税の課税明細書の写し

注意事項

申請書、添付書類を作成する前に一度担当までご相談ください。
 ※明らかに控除の対象外となる場合はその時点でお断りすることがあります。
 ※区役所で判断できない場合は税務署に直接確認していただく必要があります。

関連情報

ある一定基準を満たす建築物は助成制度の対象となる可能性があります。事前にご確認ください。
※上記の助成は、事前に区に申請していただくことが必須です。

お問い合わせ

建築課監察担当
電話:03-5246-1340

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る