このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

谷中二・三・五丁目地区が「不燃化特区」に指定されました。

更新:2016年2月2日

 東京都は、 首都直下地震の切迫性や東日本大震災の発生を踏まえ、木造住宅密集地域の改善を一段と加速するため、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「木密地域不燃化10年プロジェクト」(外部サイト)に取り組んでいます。
 このプロジェクトの中で、特に改善を図るべき地域を「不燃化特区」に指定し、都と区が連携してさまざまな不燃化建替え助成や支援を行い、不燃化をこれまで以上に強力に推進していきます。
 谷中二・三・五丁目地区は、これまでも密集住宅市街地整備促進事業によるまちづくりに取り組んできましたが、2014年4月1日に都から「不燃化特区」の指定を受け、下記の支援制度を施行しています。

新たな建替え支援制度の概要

(1)新たな助成制度

 要件に該当する老朽建築物の除却または建替えを行う個人・中小企業者に対し、助成金を交付します。
 助成要件・助成金額等詳細は、下記のページをご覧ください。

 密集事業地区における新たな取り組み

(2)三世代住宅助成

 既存の「住まいの共同化と安心建替え支援制度」の「三世代住宅助成」を(1)新たな助成制度と併用できます。

  • 助成金額:120万円

(3)全戸訪問

 地区内の木造住宅等の所有者を個別に訪問し、建替えの呼びかけ、建替え意向の確認、相談の案内、建替えに際しての課題抽出等を行います。
 平成26年度、27年度の2か年で実施します。

  • 対象:谷中二・三・五丁目地区内の木造及び防火造建築物

(4)士業派遣

 建替え等に関して、建築計画、権利関係の調整、税金や相続、資金計画等に関する相談を受けるため、建築士、弁護士、税理士、ファイナンシャルプランナー等の専門家を個別権利者に派遣します。

  • 派遣の対象者:老朽建築物またはその建築物が建っている土地の所有権を有する個人

(5)固定資産税・都市計画税の減免(東京都)

 老朽建築物の除却・建替えにあたり、住宅又は建物除却後の更地がそれぞれ要件を満たす場合に、固定資産税等の減免(最長5年間)を受けることができます。

  • 減免対象となる工事の期間:平成26年4月1日から平成32年12月末日まで

 詳細は、下記の東京都ホームページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地区整備課
電話:03-5246-1365

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る