このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

長期優良住宅認定制度

更新:2016年6月2日

平成28年4月1日から既存住宅の増改築に係る認定制度が開始されました。

■変更の概要
 平成28年4月1日から、既存住宅の増改築に係る長期優良住宅建築等計画の認定制度が始まりました。住宅を新築しようとする場合に加え、既存住宅を増築又は改築しようとする場合も、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、認定を申請することができます。

長期優良住宅とは

 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号。以下「法」という。)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。 また、法律に基づき、所管行政庁による「長期優良住宅建築等計画」の認定を受け、一定の要件を満たすことで、所得税(住宅ローン減税又は投資減税型の特別控除)、登録免許税、不動産取得税、固定資産税等の税制上の優遇を受けることができます。

申請手続きについて

 一般的な流れ(認定申請は、着工前に行ってください。)

長期優良住宅の流れの図

 原則として、確認申請及び長期優良住宅技術的審査終了後に認定申請をお願いします。

 登録住宅性能評価機関及び長期優良住宅認定に関しては、一般社団法人住宅性能評価・表示協会の窓口相談(コールセンター下記連絡先)でもご案内しております。

 フリーダイヤル:0120-616-780(9時30分から17時30分 土曜日曜祝日を除く)

認定の基準

  • 住宅の規模が、戸建住宅は、床面積75平方メートル以上、共同住宅等は、一戸の床面積40平方メートル以上。但し、住戸の少なくとも一の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分の面積を除く)
  • 耐久性や耐震性、可変性、維持保全の容易性等について、一定以上の性能を確保する。
  • 良好な景観の形成及び居住環境への配慮
  • 維持保全に関する計画を作成する 等

※詳しくは担当までお問い合わせください。

台東区における良好な景観の形成及び居住環境への配慮項目

  • 1.浅草六区地区 地区計画内
  • 2.御徒町駅周辺地区 地区計画内
  • 3.台東区景観計画
  • 4.都市計画施設区域等の建築制限区域

 上記の整備方針に適合していることが認定条件となります。
※詳しくは担当までお問い合わせください。

長期優良住宅認定手数料(台東区)

長期優良住宅に関する詳細について

長期優良住宅の普及の促進に関する法律や、認定基準、長期優良住宅に関する税の特例などが記載されています。

長期優良住宅の普及の促進に関する法律の東京都の基準が記載されています。

長期優良住宅にかかる固定資産税・不動産取得税の軽減について記載されています。

建築工事が完了した旨の報告について

 建築工事が完了したときは、台東区長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行細則第10条第1項の規定に基づき、工事完了報告書の報告を求めます。

 提出書類  工事完了報告書(第4号様式)

 添付書類  ・建設住宅性能評価書の写し
          ・工事監理報告書の写し
          ・検査済証の写し

 提出部数  2部(正・副)

 工事完了報告書の様式は申請書ダウンロードサービス

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建築課 建築担当
電話:03-5246-1334

tbc3015

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る