このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

今日から始めよう!糖尿病予防

更新:2017年3月3日

今日から始めよう!糖尿病予防

糖尿病の患者数は増加しています。放置すると合併症を引き起こし、失明したり、人工透析が必要になることもある恐ろしい病気です。しかし、初期には自覚症状がありません。早期発見のためには健康診断を受け、血糖値などが高いと言われたら早急に治療を始めましょう。

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病はすい臓で作られているインスリンというホルモンの作用不良により、慢性的に高血糖になる病気です。自己免疫が要因の1型糖尿病と、肥満や生活習慣の乱れ・遺伝が要因の2型糖尿病があります。進行すると合併症を引き起こしたり、最近では、認知症を発症する可能性が高いとも言われています。

合併症とは?

糖尿病がもとになって起こる別の病気や症状のことです。

糖尿病の合併症
糖尿病の合併症

糖尿病の人はどのくらいいるの?

厚生労働省が全国で実施した国民健康・栄養調査(平成24年)では、糖尿病が強く疑われる人(※)は男性で16.5%、女性で9.3%と増え続けています。区で実施している総合健康診査では、男性が15.5%、女性は6.9%と全国とほぼ同様の割合です。男性は約6人に1人、女性は約13人に1人が該当し身近な病気といえます。
(※)血中のヘモグロビンA 1cの値が6.1%以上、または、現在糖尿病の治療を受けていると答えた人

毎年健康診断を受けましょう

初期には自覚症状がありません。そのため、疲れやすい、のどが渇く、体重減少等の症状が現れたときには、かなりの病気が進んでいます。早期発見のために、毎年、健康診断を受けましょう。

やってみよう!糖尿病チェック

糖尿病の疑いがないかチェックしてみましょう
糖尿病の疑いがないかチェックしてみましょう

糖尿病を予防しましょう!

糖尿病の予防をしましょう!
普段の生活を少し見直してみましょう。

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病が悪化すると歯周病が進行し、また歯周病が悪化すると糖尿病の状態を悪くする可能性があります。相互に悪影響を及ぼしあっているので、糖尿病の方は内科のみではなく、歯科医にも診てもらいましょう。


糖尿病と歯周病の密接な関係

糖尿病対策地域連携委員会を設置しています。

 区では、区民の糖尿病予防・重症化防止のために、地域関係団体と「糖尿病対策地域連携委員会」を設置し、糖尿病に係る地域連携を推進することで糖尿病対策を効果的に推進してまいります。

糖尿病対策地域連携委員会の様子
糖尿病対策地域連携委員会の様子

糖尿病に関する資料や関連サイト

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課 栄養担当
電話:03-3847-9440

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る