このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

10月は乳がん予防月間です 

更新:2017年10月11日

乳がん予防月間

 10月は乳がん予防月間です。この時期に自分の乳房について関心を持ってみましょう。
 台東区役所・台東保健所・浅草保健相談センター・生涯学習センター・環境ふれあい館ひまわりにて、乳がん情報の展示、乳がん自己検診法リーフレットの配布を行っています。この時期に掲示してあるポスターもご覧ください。
また、10月30日には上野駅にて乳がん予防キャンペーンを実施します。是非お越しください。

 区内循環バス『めぐりん』のエンブレムに注目!(10月1日〜11月4日)の約1カ月の限定のピンクリボンバージョンです!街中で探してみてください!

乳がんは早期発見・早期治療をすれば治癒率がとても高い「治るがん」です!

 生涯に乳がんを患う日本人女性は、現在、11人に1人と言われています。また、乳がんで亡くなる女性は、2013年に1万3000人を超え、1980年と比べて約3倍になっています。厚生労働省が発表した「人口動態統計 [※1] 」では、2015年の乳がんによる死亡数(女性)は13,584人で、増加しています。 乳がんは早期発見・早期治療により90%以上の人が治ると言われています。月1回の『自己検診』と、さらに自己検診では発見できないがんを発見するため、『乳がん検診』をお勧めします。      
出典:国立がん研究センターがん対策情報センター 「がん情報サービスより 」  
※1:厚生労働省人口動態統計[確定数]より  2016年7月25日発表

女性の乳がんの死亡数

女性の乳がんによる死亡数

乳がんの自己検診を知っていますか

月1回は自己検診をしましょう!

 早期発見のためには若いうちから月に1度の自己検診を行うことが、有効です。月に一度行うことで、普段の状態を知っておくことができます

発見
乳がんの発見状況の表です

 乳がんは体の表面に近い部分にできるため、自分で見て触って見つけることができます。表のようにのように乳がんの治療を受けている人の半数以上が自己検診がきっかけで乳がんと分かったという報告もあります。
 

乳がんの自己検診法はこちら

10月30日は上野駅で乳がん予防キャンペーンを開催します。学生の皆さんによる素敵なミニコンサートや啓発品の配布等ありますので是非お越しください。

乳がん検診を受けましょう!

40歳からは乳がんにかかる方が急増していくため、月に1度の自己検診に加えて、自己検診では見つけにくいがんを早期に発見するため、乳がん検診(マンモグラフィ)を行うことが大切です。台東区では2年に1回乳がん検診のご案内をしていますが、自己検診をして気になることがあれば、早めに受診しましょう。

乳がん検診(マンモグラフィ)の受け方はこちら

ピンクリボンを知っていますか?

ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを訴えるシンボルマークです。このキャンペーンをきっかけに、乳がんについて意識し、家庭や社会で乳がんについて話したり考えたりしようというものです。

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。受けよう!がん検診 東京都がん検診支援サイト

東京都がん検診支援サイト
がん検診について知りたい方はこちら

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。乳房健康研究会

認定NPO法人乳房健康研究会
乳がんの早期発見を呼びかけている団体です

がん情報についてはこちら

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ピンクリボンフェスティバル公式サイト

ピンクリボンフェスティバル公式サイト
2017年ピンクリボンフェスティバルについてはこちら

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課 保健指導担当
電話:03-3847-9497 ファクス:03-3847-9467

浅草保健相談センター
電話:03-3844-8171 ファクス:03-3844-8178

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る