このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

糖尿病・・・自分には関係ないと思っていませんか?

更新:2019年10月11日

台東区民の糖尿病に関する状況

台東区では、40歳から75歳未満の区民のうち、糖尿病予備群の可能性のある人が4割を超えると推計されています。(平成30年度台東区総合健康診査結果より)

さらに、糖尿病と言われた人のうち、約3〜4人に1人は、治療を受けていない状況です。
(平成29年度健康づくりと医療に関する区民意識調査結果より)

chiryojokyo

そもそも糖尿病とは?

糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなり、その状態が続いてしまう病気です。
血糖値を下げる働きをするホルモンであるインスリンが不足したり、
働きが悪くなったりすることが原因となります。
自己免疫が要因となる1型糖尿病と、過食・肥満・運動不足・ストレスといった
生活習慣や遺伝が要因となる2型糖尿病があります。

知らないうちに進行します

血糖値が高いと言われても、糖尿病の初期段階では、自覚症状がほとんどありません。
のどが渇きやすい、体重が減ってきたといった症状が現れた頃には、
病気がかなり進行しており、合併症を引き起こす可能性が高まります。

血液検査結果を確認してみましょう

糖尿病の疑いがあるかどうかは、血液検査で確認することができます。
健康診断では、原則として空腹時の採血で測定した血糖値(空腹時血糖)、
または、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値で判断しています。

お手持ちの血液検査結果を見て、数値を入力してみましょう。

空腹時血糖値  (mg/dl)

  

HbA1c  (%)

  

糖尿病の予防、早期発見のために、毎年健康診断を受けて確認しましょう。
必要時は、必ず医療機関の受診や、生活習慣の見直しを行ってください。

おそろしい合併症

糖尿病で一番怖いのは、糖尿病がもとになって引き起こされる様々な合併症です。
血糖値の高い状態が続くと、全身の血管が障害を受けます。

合併症を予防するために、早期発見・早期治療が重要です。

糖尿病に関する資料や関連サイト

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課栄養担当
電話:03-3847-9440  ファクス:03-3847-9467
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る