このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年度台東区総合学力調査及び全国学力・学習状況調査の結果について

更新:2014年10月16日

台東区においては、児童・生徒の学力の定着状況を把握するため全国学力・学習状況調査の実施に合わせて、毎年4月に台東区独自の学力調査を実施しています。児童・生徒の学力の実態を把握するとともに、学習指導上の問題点や改善点を明らかにし、教育指導や教育施策の成果と課題を検証し、その改善等に役立てています。
各学校においても、児童・生徒一人一人の調査結果をもとに何が課題なのかを分析し、課題を解決するための学習指導における改善策を公表します。各学校で、重点的に取り組むことやどのように授業改善を図るのかということを具体的な数値や根拠とともに明らかにしています。

なお、各小・中学校の状況については、各学校のホームページをご覧ください。

学力調査の概要について

1 学力調査の目的は何ですか(学力調査の目的)

・学力調査の目的は、以下の2点です。
(1)本区の小・中学校児童・生徒の学力(領域、観点及び基礎・活用別)の実態を把握し、分析することにより、本区の教育施策の成果及び課題を検証し、その改善を図る。
(2)各学校が、児童・生徒一人一人の学力・学習状況を把握し、学習指導上の問題点及び改善点を明らかにし、教育指導や授業の改善等に役立てる。

2 調査をした子供たちは何年生ですか(調査対象・調査日時)

調査対象は
(1)小学校では、第4・5・6学年の児童
(2)中学校では、第1・2・3学年の生徒です。
※小学校第6学年と中学校第3学年は、全国学力・学習状況調査を実施。
学力調査実施日は
(1)台東区総合学力調査は、平成26年4月21日
(2)全国学力・学習状況調査は、平成26年4月22日 に実施しました。

3 どのような内容で、どのくらいの子供たちが受けたのですか(調査内容・人数)

 
  国語 社会 算数・数学 理科 英語
小学校第4学年 987人 - 989人 - -
小学校第5学年 1052人 1054人 1057人 1054人 -
小学校第6学年 1001人 996人 1001人 996人 -
中学校第1学年 746人 746人 744人 745人 -
中学校第2学年 770人 770人 769人 769人 771人
中学校第3学年 747人 749人 747人 749人 749人

※小学校6学年の国語と算数、中学校3学年の国語と数学については全国学力・学習状況調査による。

4 学力調査結果 区の公表目的と内容は何ですか。(結果公表の目的と内容)

(1)公表の目的
・教育委員会が、本区の全体的な学力や学習状況等を保護者や区民の方々に対して説明し、学力定着に向けての取組を理解していただく。
(2)公表の内容
・区全体の状況を把握できる数値データとして、以下の内容を公表します。
区全体の状況
ア 各教科の平均正答率(区、都、全国)
イ 領域別、観点別及び基礎・活用別の平均正答率(区、都、全国)
ウ 正答数分布グラフ(区、都、全国)
    ※本区では、各学校の平均正答率に関するデータは掲載しません。
    ※「台東区総合学力調査」に関しては、区、全国の数値データのみ掲載します。
全体的な傾向
・学力調査結果(数値データ)をもとに全体的な傾向を説明します。
ア 結果の概要
・学力調査結果(数値データ)をもとにした本区の結果の概要や傾向です。
イ 課題の見られた小問
・特に課題が見られた問題の出題のねらい、結果、対策です。

5 各学校の学力調査結果は公表されますか。(各学校の公表目的と内容)

・台東区の各学校のホームページにて、授業改善推進プランとして学力調査の結果の分析と授業での改善策を公表します。
(1)公表の目的
・各学校が、学力調査から得られた結果に対して、「いかなる所見をもち」「いかなる課題や目標」を導き出し、「何についてどのような方法で、どの程度の成果をだすのか」という具体的な改善策を示す。
(2)公表の内容
結果の分析
・「結果の分析」では、各学年・各教科の定着状況と結果から明らかになった課題について説明します。
・「領域別正答率」「観点別正答率」「設問別正答率」「正答数分布グラフ」などの数値データについては、授業改善につながる分析や改善策として学校が説明のために必要な場合のみ公表します。
 ※正答数分布グラフなどにおいて、児童・生徒数が少なく個人が特定されると考えられる場合は公表しません。
改善策
・改善策は、「具体的な改善策(手だて)」と「改善策(手だて」に対する検証」の2点です。
・「具体的な改善策」では、授業などの日々の学習活動の中で、どのように取り組んでいくのかを説明します。
・「改善策(手だて)」に対する検証」では、課題となった学習内容がどのように改善されたのかを検証する方法や時期について説明します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東区教育委員会 指導課
電話:03-5246-1453 ファクス:03-5246-1409

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る