このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

認知届

更新:2017年2月1日

「認知届」とは

 嫡出でない子(戸籍の父欄が記載されていない子)と血縁上の父との間に、法的な父子関係を成立させる場合に提出する届書です。
 すでに生まれている子のほか、胎児も認知することができます。

届出できる日・受付時間

 平日の開庁時間のほか、土日祝日や夜間などの開庁時間外でも受付しています。開庁時間外に台東区で届出する場合は、台東区役所1階の「夜間休日受付窓口」に提出ください。

届出期限

 調停、審判または判決による認知など、裁判により成立した認知(以下裁判認知)の場合は、裁判確定の日を含めて十日以内に提出してください。

届出できる場所

 届出人の住民登録地、または届出事件本人の本籍地の市区町村窓口。
※ 胎児を認知する場合は、胎児の母の本籍地に限られます。
※ 胎児の母が外国籍の場合は、胎児の母の住所地に限られます。

届出人として署名する方

任意認知

認知する人(父)

裁判認知

申立人(または原告)、訴えの提起者(申立人が十五歳未満であれば、法定代理人)
※条件により、相手方(または被告)から届出することができます。

届出人のほかに署名が必要な方(同意が必要な方)

任意認知(子が未成年の場合)

なし

任意認知(子が成年に達している場合)

認知される子

胎児認知

胎児の母

認知届に必要なもの

任意認知(認知される子、認知する父それぞれが日本国籍の場合)

・父子双方の戸籍謄本(全部事項証明書)
・本人であることを証明するもの(運転免許証やパスポートなど)
・届出人の印鑑(実印である必要はありません。スタンプ印は使用できません)

・認知される子が成年に達している場合、認知される子の承諾書(認知届の「その他」欄に記載でも可能)

胎児認知(胎児の母、認知する父それぞれが日本国籍の場合)

・父及び胎児の母双方の戸籍謄本(全部事項証明書)
・本人であることを証明するもの(運転免許証やパスポートなど)
・届出人の印鑑(実印である必要はありません。スタンプ印は使用できません)
・胎児の母の承諾書(届書「その他」欄に記載でも可能)

裁判認知

・父子双方の戸籍謄本(全部事項証明書)
・本人であることを証明するもの(運転免許証やパスポートなど)
・届出人の印鑑(実印である必要はありません。スタンプ印は使用できません)
・審判書(または判決書)の謄本 + 確定証明書

認知届の用紙の配布場所

 台東区役所一階で配布しています。全国共通の書式ですので、他の自治体で入手した用紙でも、そのままお使いいただけます。

注意事項

 遺言による認知、死亡した子の認知、外国籍の子の認知、外国籍の母の胎児の認知などについては、別途お問い合わせください。

お問い合わせ

戸籍住民サービス課届出担当
電話:03-5246-1162

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る