このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東区名誉区民

更新:2015年12月1日

 昭和32 年4月、台東区発足10 周年を機に「東京都台東区名誉区民条例」を制定しました。
 公共の福祉の増進、学術・技芸ぎげいの進展に多くの功績を残された方々に対し、名誉区民の称号を贈り、長くその栄誉を称えます。

横山 大観(よこやま たいかん)

昭和32年5月6日推戴。
本名 秀麿。明治元年9月18日生まれ。近代日本画壇の巨匠。明治30年、東京美術学校(現東京藝術大学)助教授となったが、1年で職を辞し、師岡倉天心が創設した日本美術院に入り、菱田春草、下村観山とともに日本画の革新運動を起こした。昭和12年、第1回文化勲章受章。日本美術院会員。代表作は「無我」「瀟湘八景」「生々流転」など。
昭和33年2月26日逝去。

平櫛 田中(ひらぐし でんちゅう)

昭和36年11月1日推戴。
本名 倬太郎。明治5年6月30日生まれ。わが国彫刻界の最高峰。帝室技芸員、芸術院会員、東京藝術大学教授等を歴任。昭和29年文化功労者、昭和37年文化勲章受章。代表作は「五浦釣人」「鏡獅子」「転生」など。
昭和54年12月30日逝去。

大谷 米太郎(おおたに よねたろう)

昭和36年11月1日推戴。
明治14年7月24日生まれ。わが国経済界の重鎮。富山県から単身上京、大谷重工業を興し、取締役社長に就任。後に大谷興行、大谷鉱業、星製薬等事業を拡張し、大谷グループの統帥として活躍。また、地元にあっては、浅草観光連盟会長等を歴任、台東区の興隆に貢献された。
昭和43年5月19日逝去。

朝倉 文夫(あさくら ふみお)

昭和36年11月1日推戴。
明治16年3月1日生まれ。わが国彫塑界の最高峰。帝室技芸員、芸術院会員、東京美術学校(現東京藝術大学)教授等を歴任。昭和23年文化勲章受章、昭和26年文化功労者。代表作は「墓守」「水の猛者」「和気清麻呂像」など。
昭和39年4月18日逝去。

上條 貢(かみじょう みつぎ)

昭和50年6月28日推戴。
明治27年11月10日生まれ。大正10年、長野県から上京、浅草区金竜小学校に奉職。後に弁護士を開業、以降政治を志す。昭和9年浅草区会議員当選、東京市会議員、東京都議会議員等を歴任。昭和32年東京都議会議長、全国都道府県議会議長に就任。昭和38年台東区長に就任後昭和50年4月まで3期12年にわたり、台東区の発展に貢献された。
昭和52年2月6日逝去。

杉山 寧(すぎやま やすし)

平成5年11月1日推戴。
明治42年10月20日生まれ。わが国日本画壇の代表的画家。東京美術学校(現東京藝術大学)在学中から帝展に入選するなど、昭和初期の日本画壇に若くして確固たる地位を築く。昭和32年日本芸術院賞受賞、昭和49年文化勲章受章、文化功労者。
代表作は「海女」「孔雀」など。
平成5年10月20日逝去。

平山 郁夫(ひらやま いくお)

平成7年9月28日推戴。
昭和5年6月15日生まれ。現代日本画壇の第一人者。日本美術院評議員、東京藝術大学教授、日本美術院理事、東京藝術大学美術学部長を歴任し、平成元年、東京藝術大学第6代学長に就任。平成3年フランス政府よりコマンドール勲章授与。平成5年文化功労者、東京藝術大学学長に再選。平成7年12月東京藝術大学学長退任。平成10年文化勲章受章。代表作は「仏教伝来」「入涅槃幻想」「仏説長阿含経巻五」など。 平成21年12月2日逝去。

内山 榮一(うちやま えいいち)

平成19年10月21日推戴。
明治44年11月25日生まれ。昭和12年台東区(当時浅草区)で税理士を開業。昭和26年台東区議会議員に当選。副議長、議長等を歴任。昭和42年東京都議会議員に当選。公害首都整備委員会委員長等を歴任。昭和50年公選復活後初の区長として台東区長に就任後平成3年4月まで4期16年にわたり、台東区の発展に貢献された。平成24年4月10日逝去。

お問い合わせ

総務課総務係
電話:03-5246-1052

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る