このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東区の歩み

更新:2011年1月27日

区制の変遷

東京市の誕生

 いわゆる明治維新の変革の中、明治元年、東征軍とうせいぐんの支配下にあった江戸に「江戸府」が置かれ、同年のうち「東京府」と改称されました。
 明治11年の「郡区町村編成法」の制定による府内15区の設置を経て、明治22年には、「市制町村制」が施行され、この15区を東京府から独立させ、「東京市」が誕生しました。

東京市15区の画像を掲載しています
東京市15区

東京都制の発足

 昭和7年、東京市15区は、隣接する荏原・豊多摩とよたま・北豊島・南足立・南葛飾の5郡82町村を合併して20区を新設、35区制になります。
 しかし、昭和18年の東京都制の施行により、東京府および東京市は廃止され、35区は東京都の行政区となりました。

戦後の再編

 東京大空襲により、都心区から周辺区への大規模な人口移動が生じ、労働力や税収の面で各区の不均衡が顕著となりました。終戦を迎え、このような事態に対し占領軍総司令部(GHQ)は、東京35区を廃止し新区画の設定を東京都に命じます。そして、その再編案は、「各区の人口を20万人、面積は10平方キロメートル以上」というもので、東京22区制となりました。

台東区の誕生

 昭和22年3月15日、地方自治法が制定され、新たな東京22区制(8月から23区制)が発足しました。これにより下谷区と浅草区が合併し、「台東区」は誕生しました。

本庁舎落成時の写真を掲載しています
本庁舎落成(昭和48年8月竣工)

台東区発足60周年

 平成19年3月、台東区発足60周年を迎えました。戦後の復興から今日こんにちまでの足跡を振り返るとともに、台東区の将来を思い描くために、同年10月、浅草公会堂にて台東区発足60周年記念式典を挙行しました。

お問い合わせ

総務課総務係
電話:03-5246-1052

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る