このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東区の地勢

更新:2015年4月1日

武蔵野台地と下町低地

 台東区の地勢は、武蔵野台地の東端と隅田川を臨む沖積低地、いわゆる下町低地から成り立っています。
 武蔵野台地は、箱根山や富士山の火山灰が降り積もってできた洪積層で、上野台、本郷台、豊島台、淀橋台、目黒台、荏原台、久が原台と連なる高台の総称でもあります。

原始時代の台東区

 一方の下町低地では、利根川や入間川が合流するかつての隅田川が、土砂を運び続けたことにより、川岸では駒形付近が4メートル、浅草寺付近が3メートル、蔵前から千束三丁目までが2メートルと、ゆるやかな微高地となっています。
 このため、内陸部へ海が入り込んでいた原始時代には、上野台は半島、下谷や浅草の一帯は海、待乳山まつちやまと鳥越付近には島が存在していたとされています。

江戸時代の台東区

 台東区内には、谷田川やたがわ忍川しのぶがわといった自然河川のほか、江戸期に造作された水路が張り巡らされていました。
 しかし、関東大震災を契機とした都市化とともに、戦後の焦土処理や道路需要への対応のため、次第にこれらの埋立てや暗渠化が進み、現在では隅田川と神田川だけが、その姿を現しています。

お問い合わせ

広報課広報担当
電話:03-5246-1021

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る