このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「南会津ふるさとワークステイ」参加者募集

更新:2017年6月16日

福島県南会津町農林事務所では「南会津ふるさとワークステイ」の参加者を募集しています。
「南会津ふるさとワークステイ」とは、農林業や農山村に関心があり、農作業や農村への滞在を希望されている方が農作業等を手伝い、受入農家が報酬の代わりに食事と宿泊場所を提供するものです。
作業を通して農家さんの哲学や南会津の暮らしを知ることができます。
ぜひ、自然いっぱいの南会津で、ワークステイをしてみませんか?

「南会津ふるさとワークステイ」チラシ


南会津ふるさとワークステイのチラシ(以下よりダウンロードできます。)

ワークステイの概要

参加要件

次の(1)〜(3)のいずれかに該当する方(18歳以上)を対象に参加者を募集します。
(1)農林業等に関するお手伝いに真剣に取り組める方
(2)将来的に農山村への移住・農林業への就業を検討している方
(3)農林業・農山村の暮らしに関心のある方

参加募集期間

平成29年4月3日(月曜日)から平成29年11月30(木曜日)

受入日数

上記期間内のうち、日帰り〜6泊7日の期間

募集人数

20名程度
※応募者多数の場合、または応募者が予定人数に達した場合には、事業実施期間内であっても募集を締め切ることがありますのでご了承ください。

作業内容

受入農家(花き、トマト等野菜、果樹農家等)が必要とする作業を手伝っていただきます。
※作業時間:6〜8時間/1日

参加コース

本格的な就農も視野に入れたチャレンジコースと、とりあえず体験してみる猫の手コースがあります。どちらのコースにするかお悩みの際は、事務局(南会津農林事務所)にご相談ください。

費用負担

農作業の報酬や参加費用はありません。現地までの交通費は参加者負担です。
ただし、宿泊施設を希望する場合、宿泊費用は自己負担になります。
なお、公共交通期間をご利用の場合、受入農家によっては最寄り駅までの送迎が困難なことがありますので、詳細はお問い合わせください。

申込方法・申込先(お問合せ先)

申込書に必要事項を記載の上、身分証明書(運転免許証、学生証等)の写しを添えて、電子メールまたは郵送にて事務局までお申し込みください。
事務局にて受入農家を決定し、詳しい情報等についてご連絡いたします。
その後、受入農家と直接連絡を取り、交通手段、日程、作業内容、留意点などを確認してください。
※申込用紙は南会津農林事務所ホームページからもダウンロードできます。

参加に当たっての準備品

保険証のコピー、作業できる服、作業用靴(長靴等)、着替え、帽子、雨具、洗面用具、寝間着 等

注意事項

(1)農林業に関する作業や農山村の生活そのものを体験していただきますので、観光目的が主の方はご遠慮ください。
(2)基本的に参加者をお客様扱いはいたしませんのであらかじめご了承ください。
(3)大学生の方複数での参加も可能ですが、単位取得目的の参加などはご遠慮ください。
(4)事務局において通常の国内旅行傷害保険に加入しますが、保険の補償範囲を超える補償はいたしかねますので、作業に当たっては充分ご注意ください。
(5)作業内容については、受入農家の都合により、ご希望どおりとならない場合もありますので、ご了承ください。

申込先・お問合せ先

福島県南会津農林事務所 企画部 地域農林企画課
電話 0241-62-5252
電子メール kikaku.af05@pref.fukushima.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福島県南会津農林事務所 企画部 地域農林企画課
電話:0241-62-5252

南会津町商工観光課
電話:0241-62-6200

都市交流課
電話:03-5246-1016

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る