このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

デンマークとの交流の輪!台東区立谷中小学校1年生、駐日デンマーク大使館で「ファステラウン」に参加!!

更新:2018年3月17日

 3月17日(土曜日)、谷中小学校1年生の児童13名が、デンマークの子供達と一緒に、駐日デンマーク大使館(渋谷区猿楽町29-6)で行われたファステラウンに参加しました。谷中小学校とデンマーク人の子供達は、様々な仮装をして力強く樽をたたくなどコミュニケーションを図り、交流を楽しみました。
 開会に先立ち、フレディ・スヴェイネ・駐日デンマーク大使からは、「ファステラウンはデンマークの伝統的な行事です。大使館とデニッシュクラブ、そして台東区のみなさんと楽しい時間を過ごせることを嬉しく思います。楽しいファステラウンを一緒に祝いましょう。」という歓迎のご挨拶をいただき、その後、谷中小学校の児童は、日本語と英語で学校紹介を行いました。
 谷中小学校の本泉ほんずみ 柚葉ゆずはさん(7才)は「何度も樽を叩いたけど、最後に割ってお菓子を出せてスッキリしました。デンマークの子と割り方の話をして楽しかったです。」と、デンマーク人のエマ ヤコブセンさん(8才)は「ファステラウンは何回かやったことはあったけど、初めて樽を割ることができて嬉しかったです。」という感想を述べていました。
 台東区では、今後も様々な機会を通してデンマークやその他の国々との交流を進めていきます。

当日の様子


ファステラウンの様子


叩いた樽が割れる様子


ゲームタイム ダルマさんが転んだの様子


ゲームタイム パン食い競争の様子


集合写真

ファステラウンとは

 ファステラウンは、デンマークの子供のイベントで、復活祭(イースター)より7週間前の日曜日と月曜日に行われます。
 イベントでは、子供たちが仮装をして、順番に木造の樽をバットで叩いていきます。樽の中にはお菓子(キャンディーなど)が入っています。
 樽を叩いた子供たちの内、二人が冠を受けます。まず、樽の底を打ち落としてお菓子を出した子供はキャットクイーン(猫の女王)となります。そして、樽の最後の板を打ち落とした子供はキャットキング(猫の王様)となります。

ファステラウンの詳細

参加の経緯

 台東区では、昨年、2017年日本・デンマーク外交関係樹立150周年を契機に、デンマーク及び姉妹都市であるデンマークグラズサックセ市との友好関係を一層深め、区民の国際理解の促進を図る交流推進事業を実施しました。
 その一環として、「東京都オリンピック・パラリンピック教育」実施方針に基づく「世界ともだちプロジェクト」で、デンマークが対象国となっている谷中小学校から、希望した児童がファステラウンに初参加しました。
 2018年は、交流の輪が継続し、2度目の参加となります。

交流推進事業

 交流推進事業に関する詳細は、区公式ホームページをご覧ください。

「世界ともだちプロジェクト」

 区の教育委員会が各区立学校に5か国を割り振り、学校では各国の「調べ学習」を行い、その中から交流可能な国を選び、間接的、直接的交流を図るもの。

主催

Den Danske Klub i Japan(駐日デンマーク人のグループ)

主催者Facebook

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市交流課
電話:03-5246-1193

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る