このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

東日本大震災から5年 姉妹・友好都市の現状について

更新:2016年7月13日

東日本大震災から5年 姉妹・友好都市の現状について

 東日本大震災で被災した台東区の姉妹・友好都市(姉妹都市:大崎市、友好都市:南会津町、会津美里町)は、今年で、5年の節目を迎え、復興に向けて様々な取り組みを行っております。被災当時の被害状況や現在の復興状況などの情報を掲載しています。被災地の現状を知っていただくことで、少しでも風評被害などを払拭することができればと思います。

宮城県大崎市(姉妹都市)

 東日本大震災は、本市において震度6強の激しい揺れを観測し、市内各地で家屋や道路橋りょうに大きな被害をもたらしました。電気・水道、通信などのライフラインは、壊滅的な被害を受け、交通機関の麻痺や物資不足などを極め、市民生活は大混乱に陥りましたが、台東区をはじめとする多くの自治体からご支援を頂き、復旧することができました。
 本年は、震災直後に策定した震災復興計画において、再生期から発展期として、復興に向けた戦略的な取り組みを推進し持続的に発展していく期間と位置付けています。私たちが、震災の記憶を風化させることなく、震災を通じて得た、様々な教訓やつながりを生かして、大崎市のさらなる発展を目指します。
 現在も復興道半ばではありますが、大崎市では、日本に11種類あると言われている旧泉質のうち9種類が湧き出ている鳴子温泉郷があり、湯量も豊富です。個性豊かな温泉をお楽しみいただくことができますので、ぜひ足を運んでください。
 また、米どころ大崎市から昨秋「ささ結(むすび)」という新ブランド米がデビューしました。食感はあっさりとしていて冷めても美味しく、料理を引き立てます。
 きれいな水と美味しい米で作られる日本酒もお勧めです。市内7つの酒蔵で造られる造り手の想いがこもった日本酒から、お好みの一本を見つけてください。

福島県南会津町(友好都市)

 南会津町では、建物等への被害はありませんでしたが、「福島県」というだけで「原発」「放射能」というイメージがついてしまい、観光施設への来訪客は震災前平成22年度と比較すると大幅に減少し、観光客等の交流人口や教育旅行等に大きな影響を与えました。
 しかし、震災以降首都圏でのキャラバン等を粘り強く実施した結果、来訪客は着実に回復しており、完全回復とまではいきませんが、友好都市の皆様にも多大なるご支援・ご協力をいただき、震災前の元気な南会津町を取り戻しつつあります。
 南会津町は、大自然で溢れ、純粋な観光資源が数多く存在します。その中でも「前沢曲家集落」は、集落内に茅葺屋根の伝統的家屋を移築活用し昔の暮らしを体感できる前沢曲家資料館、そば処曲家、前沢交流館などの公共施設があり、花しょうぶ園や蛍の里などとともに公園として、日本の原風景を観賞できます。平成23年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
 また、南会津町には4つの酒蔵があり、それぞれがうまい酒造りに凌ぎを削っております。普通酒でも質が高く、添加物を使わない身体にも優しいお酒が自慢の「会津酒造株式会社」。寒冷地を生かした独自の酒造りで作り出したまろやかで口当たりのいいお酒が自慢の「開当男山酒造」。厳選した酒造用米と奥会津の清らかな仕込み水を使用したこだわりのお酒が自慢の「国権酒造株式会社」。蔵の裏山にある標高1、000mに湧く清水で一切の仕込みをするため、やさしくやわらかい味のお酒に仕上がり、女性にも大人気の「花泉酒造」。4蔵とも大変飲みやすく、地元の方々から愛され続け、そして全国の酒好きの皆様から愛されております。
 そして、たくさんの自慢の特産品がある中で、特にお酒に合うつまみは「舘岩赤かぶ」の漬物です。なぜか舘岩でないと同じ種を蒔いても赤くならない不思議なかぶで、漬物の甘酸っぱさの中から舘岩赤かぶそのもののみずみずしい味がじゅっとにじみ出ます。
 このように、たくさん見所がある、南会津町に皆様もぜひお越しください。

福島県会津美里町(友好都市)

 会津美里町では、東日本大震災による直接的な被害はほとんどありませんでしたが、姉妹都市である福島県楢葉町が壊滅的な被害を受けたため、いち早く被災者の受け入れを表明し、町内の工業団地内に仮設住宅を建設し、現在も多くの方が生活しています。帰りたくても帰れず故郷に思いを馳せる楢葉町民の方たちが少しでも穏やかに生活ができるよう、町として精一杯の支援をしているところです。
 会津は米どころとして有名ですが、いまだ原発事故の風評被害が収束しておらず、米をはじめとする農産物の価格が震災前の状況とはかけ離れている状況にあります。機会があれば、会津の農産物を購入していただければ幸いです。
 なお、現在ふるさと納税制度を活用して、寄付金に応じて町の農産物等をお返ししております。ぜひわが町の農産物を手にしていただきたいと思います。(町のホームページをご覧ください)
 今年台東区とは友好都市提携30周年を迎えます。昭和19年、当時の下谷小学校と西町小学校の子どもたちが合併前の旧会津高田町に学童疎開したことを機縁として現在でも交流が続いています。今年の台東区のお祭りなどでイベントを企画しております。
 たまには都会の喧騒を離れ、会津地域の歴史と文化の発祥の地である会津美里町にぜひおいでください。

お問い合わせ

都市交流課
電話:03-5246-1016

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る