このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「池波作品の舞台は今!『鬼平犯科帳』」を開催しています

更新:2018年9月17日

池波正太郎記念文庫 企画展「池波作品の舞台は今! 鬼平犯科帳」


池波作品で描かれている舞台の現在を写真で紹介するシリーズ企画展。
今回は、オール讀物に昭和42年12月号から連載され、全部で135作(「誘拐」は未完)が発表された池波氏の代表作『鬼平犯科帳』をとりあげます。

 長谷川平蔵の役宅と設定された江戸城・清水門
 平蔵の親友・岸井左馬之助と再会する本所・法恩寺
 [凄い奴]に襲われ平蔵が絶体絶命のピンチに柴犬が活躍する池上・本門寺
 平蔵と木村忠吾が鯉のそぎ身で酒を飲んだ愛宕社(京都)・平野屋

など物語の舞台、合計20点を紹介します。

期間

 平成30年9月21日(金曜日)から12月19日(水曜日)まで  

開館時間

 月曜日から土曜日:午前9時から午後8時まで
 日曜日・祝日:午前9時から午後5時まで

休館日

 毎月第3木曜日

「池波作品の舞台は今! 鬼平犯科帳」ポスター
池波正太郎記念文庫 「池波作品の舞台は今! 鬼平犯科帳」ポスター

お問い合わせ

池波正太郎記念文庫
電話:03-5246-5915

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問の検索

池波正太郎記念文庫からのお知らせ

サブナビゲーションここまで

台東区立図書館

Copyright © Taito City Library. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る