このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

「ル・コルビュジエの建築作品」(国立西洋美術館を含む)の世界文化遺産登録にかかる推進3団体会長のコメント

更新:2016年7月17日

 日本時間 7月17日(日曜日)17:14(現地時間7月17日(日曜日) 11:14)、トルコのイスタンブールで開催されている第40回ユネスコ世界遺産委員会において、日本の国立西洋美術館を構成資産に含む「ル・コルビュジエの建築作品−近代建築運動への顕著な貢献−」(7カ国共同推薦)の審議が行われ、世界遺産一覧表に「記載」することが決定されました。
 この結果を受けて、登録推進活動を行ってきた「台東区国立西洋美術館世界遺産登録推進会議」、「台東区議会国立西洋美術館本館世界遺産登録推進議員連盟」、「国立西洋美術館世界遺産登録たいとう推進協議会」の3団体会長によるコメントを以下のとおり発表します。

台東区長 服部征夫(台東区国立西洋美術館世界遺産登録推進会議会長)

 国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」が、第40回ユネスコ世界遺産委員会において、世界文化遺産として登録決定されました。
 10年の長きにわたり、地域と一体となって登録推進活動に取り組んできました。本日、悲願が実り、皆様と一緒に喜びを分かち合うことができて、大変うれしく思います。
 これまで世界遺産登録にご尽力いただきました、たいとう推進協議会の皆様、台東区議会の皆様、そして文化庁をはじめ国立西洋美術館、東京都など関係者の皆様、また、ご支援してくださった区民の皆様に、心より感謝申し上げます。
 国立西洋美術館が世界文化遺産としてその価値が高く評価されました。美術館を設計したル・コルビュジエ、建設に携わった3人の日本人建築家(前川國男氏、坂倉準三氏、吉阪隆正氏)、そして建設のきっかけとなり、「松方コレクション」として多くの西洋美術作品を収集した松方幸次郎氏の功績を讃えたいと思います。
 これから台東区は、地域と一体となって、貴重な文化遺産を大切に守り、次の世代にしっかり継承してまいります。
 そして、「世界遺産のあるまち」台東区として、今まで以上に国際文化観光都市の魅力や素晴らしさを世界に広く発信していきたいと考えています。

台東区議会議長 太田雅久(台東区議会国立西洋美術館本館世界遺産登録推進議員連盟会長)

 ここトルコ・イスタンブールで、世界遺産登録が決定された瞬間に立ち会えたことを本当に嬉しく思います。
 台東区議会は、区民の皆様や区と一緒になって、推進活動に取り組んでまいりました。長い道のりではありましたが、三度目の正直でようやく登録となり、本当に嬉しく思います。都心にあり、国内外からこれほどアクセスしやすい世界遺産は、国内ではまずありません。
 「都内で初の、身近な世界文化遺産」となることは、さらに大きな人の流れを呼び込み、我が台東区の魅力を一層高める契機となることでしょう。
 これまで世界遺産登録に向けご尽力いただきました関係者の皆様並びに区民の皆様に感謝を申し上げます。

国立西洋美術館世界遺産登録たいとう推進協議会会長 石山和幸

 国立西洋美術館が、世界文化遺産に登録され、本当に嬉しく思います。世界遺産委員会の会場で、この瞬間を迎えることができて、感激しています。
 活動を始めて10年がたちます。今日のこの瞬間を、首を長くして待っていました。イコモス勧告で記載と出たときは、ほっとした気持ちでしたが、今回、登録が決定して、これまで一緒に活動をしてくださいました皆様、特に町方のみなさんに本当に感謝の気持ちで一杯です。 
 上野、アメ横、そして台東区のまちをさらに盛り上げていきたいと思っています。

お問い合わせ

世界遺産登録推進担当
電話:03-5246-1193

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2016年7月

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る