このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

デンマークの伝統行事に挑戦だニャアア!駐日デンマーク大使館で台東区立谷中小学校1年生が「ファステラウン」に参加

更新:2019年3月4日

 3月3日(日曜日)、谷中小学校1年生の児童15名が、デンマークの子供達と一緒に駐日デンマーク大使館(渋谷区猿楽町29-6)で行われたファステラウンに参加しました。 
 ファステラウンとは、復活祭(イースター)より7週間前の日曜日と月曜日に行われるデンマークの子供のイベントで、子供たちが仮装をして、お菓子(キャンディーなど)が入っている木造の樽を順番にバットで叩いていきます。
 樽を叩いた子供たちの内、樽の底を打ち落としてお菓子を出した子供はキャットクイーン(猫の女王)、樽の最後の板を打ち落とした子供はキャットキング(猫の王様)となります。
 谷中小の子供達が様々な仮装で力強く樽をたたいて、デンマーク人の子供達とのコミュニケーションを楽しみました。

 開会に先立ち、フレディ・スヴェイネ・駐日デンマーク大使からは「台東区の皆様ようこそお越しくださいました!子供達はいろんなコスチュームを着てくれてうれしく思います。今日はあいにくの雨ですが、どうぞファステラウンを楽しんでください!」という歓迎のご挨拶をいただき、その後、谷中小学校の児童は日本語と英語で学校紹介を行いました。
 谷中小学校の、ひだり幸之助こうのすけくん(6才)は「樽が割れたときはおみくじで大吉を引いたような気持ちだった。来年も参加したい!」と話し、根津ねづ優凛ゆうりくん(7才)は、「剣道と野球をやっているので棒で打つことには慣れていた。樽を割った瞬間すごくうれしかった!」とうれしそうに述べていました。デンマークの美南みなみニルセンさん(8才)は「ファステラウンは今日で3回目の参加だった。楽しいのでまた来年も参加したい!」、イーサン イェンセンくん(12才)は「今日は10回目の参加で初めてキャットキングになれた!お姉さんに自慢したい。」と感想を話していました。
 台東区では、今後も様々な機会を通してデンマークやその他の国々との交流を進めていきます。


集合写真

参加の経緯

 台東区では、2017年日本・デンマーク外交関係樹立150周年を契機に、デンマーク及び姉妹都市であるデンマーク グラズサックセ市との友好関係を一層深め、区民の国際理解の促進を図る交流推進事業を実施しました。
 その一環として、「東京都オリンピック・パラリンピック教育」実施方針に基づく「世界ともだちプロジェクト」で、デンマークが対象国となっている谷中小学校から、希望した児童がファステラウンに初参加しました。
 2019年は3度目の参加となります。

交流推進事業

交流推進事業に関する詳細は、区公式ホームページをご覧ください。

「世界ともだちプロジェクト」

 区の教育委員会が各区立学校に5か国を割り振り、学校では各国の「調べ学習」を行い、その中から交流可能な国を選び、間接的、直接的交流を図るもの。

主催

Den Danske Klub i Japan(駐日デンマーク人のグループ)

主催者Facebook

お問い合わせ

都市交流課
電話:03-5246-1193

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る