このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度鬼怒川観光ホテル

更新:2017年5月5日

お知らせ

  • 鬼怒川観光ホテルは平成29年12月1日から平成30年3月31日までの間に利用された大人の方に、鬼怒川観光ホテルより1,000円分の館内利用券をお渡しします。

鬼怒川観光ホテル

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。鬼怒川観光ホテル(外部サイト)
 美しい鬼怒川と、四季折々の情景を眺めながら、ゆったりとできるお宿です。
 鬼怒川の四季との一体感を満喫できる、開放感にあふれる温泉が日頃の疲れを癒してくれます。

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。館内設備(外部サイト)
 宴会場・カラオケルーム・会議室・リラクゼーション・キッズコーナー・居酒屋・バー・売店・貸切風呂
 ※利用方法及び料金につきましては、ホテルにお問い合わせください。

予約先電話番号

電話:0288-77-1101

所在地

栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2

交通

お車をご利用の場合

東北自動車道 宇都宮ICより 日光宇都宮有料道路今市IC鬼怒川温泉まで約30分。
東京より約140キロメートル。(所要時間は交通事情により異なります。)
※ホテル駐車場:無料(チェックインからチェックアウトまで)

電車をご利用の場合

東武浅草駅から特急で鬼怒川温泉駅まで約2時間。
鬼怒川温泉駅よりダイヤルバス又は徒歩15分。

ダイアルバスのご案内

鬼怒川温泉駅⇒鬼怒川観光ホテル

鬼怒川温泉駅改札出て、右側(5)番バス乗り場から発車します。
電車の到着をうけて、鬼怒川温泉街のホテル・旅館を回ります。
鬼怒川観光ホテル11時58分着〜19時03分着の電車全てに対応しています。
運賃は片道(大人:190円、子ども:100円)となります。(フリーパスはご利用になれません。)


鬼怒川温泉駅(構内図)

鬼怒川観光ホテル⇒鬼怒川温泉駅

鬼怒川観光ホテルのフロントへお申し込みください。
8時〜10時40分の間、20分間隔でホテル・旅館を回り、鬼怒川温泉駅までお送りします。
運賃は片道(大人:190円、子ども:100円)となります。(フリーパスはご利用になれません。)

食事


 
 
 
夕食は和洋中バイキング、朝食は和洋バイキングとなります。
 
※お部屋食希望の場合は、追加料金がかかります。
ホテルに直接ご相談ください。

風呂

営業時間

大浴場 露天風呂 サウナ

12:00~翌1:00

12:00〜23:00

12:00〜22:00

5:30~9:30

6:00〜9:30

6:00〜9:30
9:30〜12:00は清掃のため利用不可

※その他貸切風呂(有料)あり。ご利用の際は、事前にホテルにお問い合わせください。

効能

泉質 アルカリ性単純温泉
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみくじき、慢性消化器病痔疾、冷え症、病後回復、疲労回復、健康増進

男湯

露天風呂

大浴場


鶏頂の湯

女湯

露天風呂

大浴場


霜降の湯

部屋


和洋室

利用料金(区内在住の方)

利用料金は区の負担額を引いた金額です
大人:中学生以上、小人:小学生、幼児:3歳児から未就学児

  大人 小人 幼児 該当日
平日・休日

6,720円

4,804円 2,860円  
指定日 9,960円 7,072円 4,480円

土曜日及び7月16日、8月1日から8月4日、8月16日から8月18日、8月20日、9月17日、10月8日、11月3日、1月7日、2月11日

特別期間 13,200円 9,340円 6,100円

8月6日から8月10日

契約料金(区内在勤の方)

  大人 小人 幼児 該当日
平日・休日 9,720円 6,804円 4,860円  
指定日 12,960円 9,072円 6,480円

土曜日及び7月16日、8月1日から8月4日、8月16日から8月18日、8月20日、9月17日、10月8日、11月3日、1月7日、2月11日

特別期間 16,200円 11,340円 8,100円 8月6日から8月10日

利用日カレンダー

ご利用の際には、上記のカレンダーにて料金のご確認をお願いします。

利用人数等

※原則として1施設につき1日あたり3部屋で合計12名まで
※利用できない日:5月3日から5月6日、8月11日から8月15日、12月26日から1月3日
※利用料金、契約料金は、1泊2食付、サービス料消費税込みの金額です。
※入湯税が別途かかります。

観光情報

観光ごよみ

4月

鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)
鬼怒川温泉さくらまつり(鬼怒川温泉前広場&桜並木通り)
鬼怒川温泉夜桜まつり(護国神社、温泉神社周辺)

5月

鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)

6月

鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)

7月

龍王祭
鬼怒川温泉夏の花火(鬼怒川温泉湯の街公園)
鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)

8月

鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)
鬼怒川温泉夏の花火(鬼怒川温泉湯の街公園)
温泉夏まつり(鬼怒川温泉街)

9月

月あかり花回廊(鬼怒川公園)
鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)

10月

鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)

11月

鬼怒川ライン川下り(〜11月上旬まで)
東武ワールドスクエア イルミネーション(〜3月下旬まで)

12月

東武ワールドスクエア イルミネーション(〜3月下旬まで)

1月

東武ワールドスクエア イルミネーション(〜3月下旬まで)

2月

東武ワールドスクエア イルミネーション(〜3月下旬まで)
きぬ姫まつり 鬼怒川温泉駅等(〜3月下旬まで)

3月

東武ワールドスクエア イルミネーション(〜3月下旬まで)
きぬ姫まつり 鬼怒川温泉駅等(〜3月下旬まで)

ホテルから周辺観光地へのアクセス

■のアクセス方法は一例です。
詳しいアクセス方法は、各施設のホームページをご覧ください。


 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。鬼怒川(外部サイト)
  雄大な渓谷美に彩られた関東有数の温泉街「鬼怒川」。鬼怒川の温泉は神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉で、肌にも優しい軟らかな泉質です。江戸時代に発見され、当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることが許されたという由緒正しき温泉です。明治以降に一般開放されてからは多くの観光客が訪れ、鬼怒川渓谷沿いには旅館やホテルが建ち並ぶ関東有数の大型温泉地として発展しました。周辺には日光江戸村や東武ワールドスクウェアなどのテーマパークも多く観光にも最適です。

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。鬼怒川ライン下り(外部サイト)
  豪快な景色を楽しみながら鬼怒川を満喫「鬼怒川ライン下り」。大自然が生み出した鬼怒川の渓谷美を船から楽しめるアクティビティ。鬼怒川観光の名物とあって、たくさんの観光客が訪れます。乗合船に乗って船頭さんの巧みな櫂(かい)さばきでアクティブに川を下っていくと、楯岩・積み木岩・像岩・ゴリラ岩など数々の奇岩怪石を見ることができます。春にはヤマザクラやツツジが咲き誇り、夏にはカワセミの鳴き声と鮎の姿に涼を感じ、秋には紅葉に燃える絶景を満喫できます。
■ホテルより車で約16分(4月中旬〜11月中旬)
■鬼怒川温泉駅より徒歩5分

  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東武ワールドスクウェア(外部サイト)
 精巧に再現された建造物で世界旅行気分!「東武ワールドスクウェア」。「世界の遺跡と建築文化を守ろう」というテーマのもと、スフィンクスや万里の長城、パルテノン神殿といった遺跡、サクラダファミリアやホワイトハウスなどの建築物を25分の1の縮尺で精巧に再現し展示しているテーマパーク。その展示数は100を超えます。人間も25分の1サイズになっており、その目線の高さから建物を見上げると本物そっくりで、建物を飾る彫刻やレリーフ、ステンドグラスはまさに職人技です。また、建築物を彩るように咲き誇る2万本以上の植物は、四季により表情を変え、見る者を楽しませてくれます。
■ホテルから車で約6分
 (ホテルフロント申込)東武ダイヤルバスにてホテルからアクセス可
■鬼怒川温泉駅(3)番乗り場:おさるの学校・日光江戸村行バス乗車、「東武ワールドスクウェア園地」下車(約5分)

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日光さる軍団劇場(外部サイト) 
 あの太郎次郎一門が繰り広げる珠玉の集団芸「日光さる軍団劇場」。“反省”でおなじみ、太郎次郎が「日光さる軍団劇場」を新たにオープンしました。おさるさんたちが繰り広げる抱腹絶倒のコントの数々。学校の授業をしてみたり、警察官になったりと太郎次郎一門の芸達者たちが繰り広げる珠玉の集団芸・コンビ芸をたっぷりお届け。劇場が揺れるような大爆笑のひと鴇を乞うご期待ください。
■ホテルより車で約13分
 (ホテルフロント申込)東武ダイヤルバスにてホテルからアクセス可
■鬼怒川温泉駅より(3)番乗り場:おさるの学校・日光江戸村行バス乗車、「おさるの学校」バス停下車(約10分)

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日光江戸村(外部サイト) 
 関所を抜けたら江戸の街!粋な江戸人体験「日光江戸村」。日光江戸村は、江戸時代の文化を肌で体感できるカルチュラルパークです。広大な敷地には、街道、宿場、商家街、忍者の里、武家屋敷など実物さながらの町並みが再現されています。江戸人たちとのふれあいや体験イベントを通して、活きた江戸の息吹に触れることができるほか、お客様ご自身もお着替えをして江戸人になりきることもできます。お芝居が見られる7つの劇場、歴史や文化を学ぶことができる展示館、そして、ここでしか味わえないお食事など、まさに百花繚乱の“EDO”があなたの旅の思い出を彩ります。
■ホテルより車で約12分
 (ホテルフロント申込)東武ダイヤルバスにてホテルからアクセス可
■鬼怒川温泉駅より(3)番乗り場:おさるの学校・日光江戸村行バス乗車、「日光江戸村」バス停下車(約15分)

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。龍王峡(外部サイト)
 巨大な奇岩と怪石が織りなす自然の造形美「龍王峡」。今から2200万年前に海底火山の活動によって噴出した火山岩が鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれています。その名のとおり、まるで龍がのたうつような姿を思わせる圧巻の景観は、川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3キロメートルに及びます。昭和25年に「龍王峡」と名付けられたこの渓谷は、鬼怒川・川治随一の景勝地として有名で、紅葉が鮮やかな10月下旬から11月上旬には特に多くの観光客が訪れます。
■ホテルより車で約9分
■鬼怒川温泉駅より(2)番乗り場:川治温泉・湯西川温泉行バス乗車、「龍王峡入口」バス停下車(約10分)



 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。鬼怒楯岩大吊橋(外部サイト)
 鬼怒川温泉街の南部と名勝「楯岩」を結ぶ全長140メートルの歩道専用吊橋「鬼怒川楯岩大吊橋」。高さ約40メートルの橋上からは、大岩を縫うように流れる鬼怒川の急流や緑豊かな山々を眺めることができます。吊橋の近くにそそり立つ「楯岩」は、戦いの時に使用する楯に似ていることから名づけられ、その高さは70メートルを越えます。楯岩の頂上には展望台が整備されており、眼下には鬼怒川の清流と温泉街、遠くに鶏頂山をはじめとする高原山系の美しい山並みという大パノラマが満喫できます。
■ホテルから車で約4分、徒歩で約23分
■鬼怒川温泉駅より徒歩で約10分

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。とりっくあーとぴあ日光(外部サイト)
 「観て」「触れて」「写真を撮って遊べる」不思議体験ミュージアム「とりっくあーとぴあ日光」。屋内型テーマパークなので、雨の日でも暑い日でもおもいっきり遊べます。見るだけではなく、カメラを持って不思議ワールドをお楽しみください!
■ホテルから車で約10分
(ホテルフロント申込)東武ダイヤルバスにてホテルからアクセス可
■鬼怒川温泉駅から(3)番乗り場:おさるの学校・日光江戸村行バス乗車、「とりっくあーとぴあ前」バス停下車(約20分)

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日光花いちもんめ(外部サイト)
 敷地面積約4000坪、関東以北で最大規模を誇るベゴニア園「日光花いちもんめ」。大小2つの温室では、空調等のシステム化により1年中満開の花々を観賞できます。室温15度以上25度以下に保たれているので夏も冬も快適です。頭上一面に広がる球根ベゴニアをはじめ、合計8,000鉢、約600品種の見事な花々をお楽しみいただけます。また、いちご狩りも行っておりますのでぜひお越しください。
■ホテルから車で約4分。
(ホテルフロント申込)東武ダイヤルバスにてホテルからアクセス可
■東武鬼怒川線小佐越駅より徒歩約15分
 鬼怒川温泉駅より(3)番乗り場:おさるの学校・江戸村行バス乗車、「花いちもんめ」バス停下車(約30分)

鬼怒川温泉駅前 バス停


鬼怒川温泉駅前 (バス乗り場)

四季のイベント(一例)

観光情報サイト

 
 
 
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日光市観光協会(外部サイト)
 日光市の観光情報を配信しています。

鬼怒川観光ホテルの公式ホームページ

 
 
ホテルにて各種イベントを行っております。
詳しくは、鬼怒川観光ホテルの公式ホームページのお知らせをご覧ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。鬼怒川観光ホテルの公式ホームページ(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

区民課区民施設係
電話:03-5246-1123

tbc1021

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る