台東区耐震改修促進計画(平成28年度~平成32年度)平成28年6月更新版

更新日:2016年6月10日

台東区耐震改修促進計画とは

 本計画は、首都直下地震により想定される被害の軽減を目指し、区民の生命と財産の保護することを目的に、「自助・共助・公助」の観点から耐震化の施策を定めたものです。また、東京都耐震改修促進計画や台東区における各計画との整合が図られるものとし、区内の建築物に関する耐震化の指針となります。

 区では、今後も中長期的かつ効果的効率的に耐震化施策を展開することにより災害に強い台東区を実現するために、平成28年3月に「台東区耐震改修促進計画(平成28年度~平成32年度)」を策定しました。

計画の更新内容

 平成28年3月に改定された東京都耐震改修促進計画を反映し、平成28年6月に「台東区耐震改修促進計画(平成28年度~平成32年度)」の一部を更新しました。主な内容は次のとおりです。

 (1)緊急輸送道路沿道建築物の耐震化の現状と目標
 (2)緊急輸送道路沿道建築物の耐震化
   ・耐震化に対するはたらきかけ
   ・助成内容の充実
   ・倒壊の危険性が高い建築物や小規模建築物への重点的な支援 など

 緊急輸送道路は、地震発生直後に救急・救命活動や緊急支援物資の輸送などを確保するため重要な道路です。災害時の道路閉塞を防ぐため、この度の更新で新たな目標を設定し、より一層の耐震化を図ります。

計画期間

平成28年度から平成32年度までの5年間

閲覧場所

区公式ホームページのほか、建築課窓口(区役所5階11番)でご覧いただけます。
(平成28年7月中旬以降に、区役所3階7番区政情報コーナー、各区民事務所・分室、各地区センター及び各図書館でご覧いただける予定です。)

本文

台東区耐震改修促進計画(平成28年度~平成32年度)中間のまとめに対するパブリックコメントの実施結果

 「台東区耐震改修促進計画(平成28年度~平成32年度)中間のまとめ」に対するパブリックコメント(意見公募手続)を平成27年12月14日から平成28年1月6日まで実施し、貴重なご意見をいただきました。誠にありがとうございました。
 お寄せいただいたご意見と、ご意見に対する区の考え方は、下記リンク先のとおりです。