*

台東区ヴァーチャル美術館では、区が所蔵する美術作品(日本画 油画 版画)を紹介いたします。

敦煌莫高窟壁画第57窟 西壁 龕外南側(初唐) 敦煌莫高窟壁画第57窟 西壁 龕外南側(初唐)
敦煌莫高窟壁画第57窟 西壁 龕外南側(初唐) 敦煌莫高窟壁画第57窟 西壁 龕外南側(初唐)

敦煌莫高窟壁画第57窟 西壁 龕外南側(初唐)
左:山本 浩之 / 右:小栗 宏明

( 平成11年度 243.5cm × 99.8cm )

上方に「出家踰城」、下方に2体の菩薩像が描かれている。「出家踰城」は、悉達多太子が成人して、人間の生、老、病、死というもろもろの苦を目にし、出家を決心する。ある晩、馬に乗って城門を出て、深山で6年間苦行ののち、成仏したという話である。この壁画では、太子が馬に乗り、その馬の足を雲に乗って上昇する天人が担いでいる。

文化出版局刊『敦煌石窟』より

※本図は合作です。下の画像をクリックすると拡大画像と制作者の紹介が御覧になれます。

左 右
左:山本 浩之 右:小栗 宏明
*