このページの先頭です
このページの本文へ移動

落合知也選手(3x3男子)

ページID:474184368

更新日:2021年7月20日

プロフィール

落合選手

  • 1987年生まれ
  • 出身地 東京都
  • 身長195センチメートル/体重95キログラム
  • 出場種目 3x3(スリーエックススリー)男子

※5人制バスケットボールの約半分のコートを使い、3人対3人でひとつのゴールに向かってボールをリングに入れることを競う。

インタビュー

競技を始めたきっかけ

小学校3年生から大学卒業まで、5人制のバスケットボールをやってきました。大学卒業時にいくつかプロチームから話があったのですが、その時はモチベーションが下がっていて、一旦バスケットボールから離れ、姉がやっていた芸能(モデル・俳優)を目指しました。そんな中、知人から台東区を本拠地とする3人制のストリートバスケットボールチーム「アンダードッグ」に誘われました。そして2012年にFIBA(国際バスケットボール連盟)が主催する「3x3」の世界大会に参加したことが始まりです。

「3x3」の魅力と見どころ

「3x3」の魅力は、5人制のバスケットボールよりも「個」がフォーカスされます。「個」の責任が増し、自分のプレーで観客がリアクションするなど、バスケットボールの新たな刺激と、面白さがあります。見どころは、10分で1試合が終わってしまうので、攻守の入れ替えや体のぶつかり合いが激しいところです。また、21点取れば、そこで試合が終わるので、スピーディーでスリリングな試合が展開されます。

競技の様子
©JBA/FIBA 3x3ワールドカップ2019より

台東区でバスケットボールクリニックを開催していますが、子供達に伝えたいことは何ですか

子供たちには、自分が「3x3」に出会って、人生が変わったことや、プロに入ってからの怪我(右膝前十字靭帯断裂)からの復活など、「アンダードッグ(下剋上)」、何事もあきらめないで、常に挑戦心を持ってほしいということを伝えていきたいです。クリニックを通して、夢を持つようになったとか、何かのターニングポイントになってくれればいいと思います。

東京2020大会への思い

出場するからには、メダルを取りたいです。結果を出すことによって、注目され、今後さらに、「3x3」の普及活動に力を入れていきたいです。台東区の皆さんの応援が日本チームの後押しになります。東京2020大会をきっかけに「3x3」を好きになってください!

競技日程・会場

  • 競技日程 3x3バスケットボール 7月24日(土曜日)〜28日(水曜日)
  • 会場 青海アーバンスポーツパーク
本文ここまで

サブナビゲーションここまで