このページの先頭です
このページの本文へ移動

宮本リオン選手(パラアーチェリー男子コンパウンド)

ページID:536329517

更新日:2021年8月27日

プロフィール

宮本選手

  • 1983年生まれ
  • 出身地 千葉県
  • 身長173センチメートル/体重70キログラム
  • 出場種目 パラアーチェリー男子コンパウンド

※コンパウンド部門では、上下の先端に滑車がついた弓を使い、50m先の直径48センチメートルの的を狙います。

インタビュー

競技を始めたきっかけ

野球のクラブチームでプレーしていた25歳の時に髄膜脳炎を発症し、下半身に麻痺が残りました。懸命にリハビリに励んでいた最中、27 歳のときに、広報「たいとう」で「アーチェリー初心者スポーツ教室」の記事を見ました。家族や医者のすすめもあって、リハビリを兼ねて、参加したことが始まりです。

アーチェリーを続けた理由

野球で、ずっとピッチャーだったので、狙って投げるのが好きなのかもしれないです。1番大きい理由は、台東区アーチェリー協会の皆さんが本当に良くしてくれたことです。いろんな世代の方がいて、話しをするだけでも、すごく楽しかった。協会がなければ、今の僕はないですね。

代表に内定した時の思い

複雑な心境でした。個人的には、選考会はやりたくないですね。同じように頑張っている仲間と争うので。勝ったからといって相手の気持ちを考えずに、喜ぶのは失礼かなと思う。コロナ禍で1年延期になって、環境が整わず、準備が出来ない選手もいたので。簡単に喜べるような状況ではなかったです。

競技の様子

延期となった1年間、どのように過ごしたか

射場が使えない期間もあったので、普段できなかった弓のセッティングや体づくりのためのトレーニングをやりました。その成果もあって、2021年2月に日本記録を更新(692点/満点720点)することができました。

東京2020大会への思い

700点出したいです。700点出したら上位に食い込めると思います。しっかり準備して、どんな状況でもベストを尽くせるように頑張ります。

Youtube台東区公式チャンネルで宮本選手の動画を配信しています

競技日程・会場

  • 競技日程 パラアーチェリー男子コンパウンド 8月27日(金曜日)・28日(土曜日)・31日(火曜日)
  • 会場 夢の島公園アーチェリー場
本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで